アントーン・クラン

人物・団体ページへ

はえのパトゥーシュ にわの小さななかまたち

アントーン・クラン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001153422
ISBN 10 : 4001153424
フォーマット
出版社
発行年月
2002年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20×20cm,26p

内容詳細

はえのパトゥーシュは、お隣りさんたちと仲良くなろうと一念発起、身ぎれいに大変身。ところが今度は、はえの仲間に笑われてしまい…。虫たちが主人公のフランス生まれのおしゃれな絵本。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • absinthe@読み聞かせメーター さん

    5歳の娘に読み聞かせ。この著者の作風は絵の可愛らしさと裏腹にどこかシニカル。ハエはハエとミツバチはミツバチと付き合いなさい。生まれた星が違えば友達になれないという現実をここまで見せるべきだったか?外見上育ちが悪い子と言うのは、ハエとミツバチの様な生物学的な差異を持つわけではない。著者が意図したかどうかは解らないけれど、別人種とは付き合えないという風には読み聞かせたくはない。

  • 遠い日 さん

    うへぇ、なんだ、この生な感じは。ポップで明るい絵ながら、はえのパトゥーシュのなんとも「はえ」たる暮らしぶりに、気のぬけた笑いが出る。無理して小綺麗にしたって、しょせんお里は知れるもの。パンチの効いた諧謔がそこここに。ぶぶぶっと吹くところは、少なくとも2ヶ所。子どももおとなも楽しめる。はい。くれぐれも、あれとかそれとかには、気をつけます!作者のアントゥーン・クリングスはウンガロのもとでテキスタイルのデザイナーをしてたんですって。この「にわの小さななかまたち」のシリーズ、全部読みたい!

  • おーちゃんママ さん

    やっぱり、ハエさんにはハエさんの生活があるってことで。

  • H.Kojima さん

    はえはやっぱりハエ?!歩かの虫達とお友だちなろうと努力したけど…無理なのかしら?今までにない視点で見たハエの生活は興味深かったです(*^^*)

  • ossa さん

    はえのパトゥーシュは…きちゃない!お隣さんにもそれで嫌われてしまいます。大好物のあのくさいパテ(…)ではなく、きれいにして花の蜜を集めたりしてみます。そして…。フランスのお話ならではの、ピリッとした結末?!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品