アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

人物・団体ページへ

星の王子さま 岩波少年文庫 新版

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001140019
ISBN 10 : 4001140012
フォーマット
出版社
発行年月
2000年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,175p

内容詳細

サハラ砂漠に不時着した飛行士と、純粋な星の王子とのふれあいを描いた永遠の名作。初版本に基づき改版した新しいエディション。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • れみ さん

    砂漠で立ち往生している飛行機乗りと小さな星からやってきた王子さまのお話。大事なものは目に見えなくて、何かが美しいのは見えないけどそこに大好きなものや大事なものや素敵なものが隠れているから…。何度も読んでるお話だけど、やっぱり素敵だし、未だにすっかり理解できているわけじゃないけど、とても深い。…ところで、クリスマスだからこれを読もう!と本棚の奥から引っ張り出してきたけど、よく考えたら別に全然クリスマスのお話じゃない(^_^;)でもクリスマスに読むのになんとなく相応しいんだよなあ…不思議だなあ…。

  • れみ さん

    映画見に行く前に再読。不思議で、楽しくて、だけど切なくて…やっぱり良いなあ。目に見えないものが大事だと思いつつも、知らず知らずのうちに目に見えるものや数字で言い表せるようなものにばかり目が行ってしまっている自分に気づかされる。

  • takaC さん

    訳者によってずいぶん印象が変わるね。この本は作者サン=テグジュペリが生前目にした版ベースらしいが。内藤濯(あろう)訳の改訂版12刷。

  • たつや さん

    以前、新潮文庫で読んだので、再読ですが、完璧に細部を記憶できていなかったので、作品の奥深さを感じた。また再読したいです。きちんと理解したいけれど、読み手の私の気持ち次第で感想も変化しそうな気もします。

  • Koning さん

    ということで、ラテン語版を読んでるうちにもう一度読もうと発掘(w。 いや、いいわ。やっぱりあの時代のパイロットだからこそって気が凄いする。 でも今の子供でこれをちゃんと読める子がどれだけいるのだろうか?結構やばい気がする。 サン・テグジュペリは北アフリカ戦線から星の王子様のところへ行ったって話を思い出してみたり。 まぁ、本当のことは見えないもんです(w

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド