アンディ・ウォーホル

人物・団体ページへ

DVD

アンディ・ウォーホル 生と死

アンディ・ウォーホル

基本情報

カタログNo
:
TMSS043
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
ドキュメンタリー, ビスタサイズ/LB, 2005

商品説明

『ライフ・オブ・ウォーホール』の映画作家ジョナス・メカスや、「コーヒー&シガレッツ」への出演が記憶に新しいテイラー・ミードら豪華出演陣がウォーホールとの日々を語り尽くす!

内容詳細

ファクトリーの創始者、天才芸術家アンディ・ウォーホールの人生を追う。
絵画、映画、広告等、様々な分野で活躍したアメリカの芸術家、アンディ・ウォーホール。本作では、すでに才能を開花させていた幼少期から、数々の有名人を輩出したファクトリー時代、そして58歳という若さで亡くなる晩年に至るまで、彼の波乱に満ちた人生を追う。また、作中には小気味よいリズムに合わせて踊るシャーリー・テンプルや、フラッシュを浴びるライザ・ミネリなど、レア映像が次々に登場する。これは、アンディ・ウォーホールと出会い、共に生きた人々の愛に彩られた傑作ドキュメンタリーである。

・アンディ・ウォーホール(1928-1987)
アメリカを拠点に芸術活動を展開したポップ・アートの旗手。銀髪のカツラがトレードマーク。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのプロデュースや映画制作なども手がけた。ウォーホールの作品はそれまでの古典的な芸術とは異なり、わかりやすく、豊かなアメリカ社会を体現する存在として人気を博した。代表的な作品は、キャンベルスープ缶やマリリン・モンローをモチーフにしたシルクスクリーンや映画「スリープ」「エンパイア」など。1963年からはニューヨークに「ファクトリー」と呼ばれるスタジオを構え、トルーマン・カポーティやミック・ジャガーなど、様々なアーティストが彼のもとに集まった。

ポップ・アートの旗手と呼ばれる天才作家、アンディ・ウォーホールのドキュメンタリー作品。幼少期から青年期、ファクトリー時代、そして晩年と、彼の知られざる素顔が次々と明らかになる衝撃の作品だ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品