アンティル、ジョン(1904-1986)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『コロボリー』組曲、『アウトバック』序曲 ジャッド&ニュージーランド交響楽団

アンティル、ジョン(1904-1986)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8570241
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アンティル:『コロボリー』組曲
オーストラリアの作曲家、ジョン・アンティル(1904−1986)の最も知られた作品が、このバレエ音楽『コロボリー』です。この曲は、アボリジニの原住民たちの儀式であるコロボリーの音楽が元になっています。オーストラリアの音楽の起源ともみなされ、大いなる自然崇拝でもあるこれらの極彩色の音楽は、あのストラヴィンスキーの『春の祭典』をも思わせるほど豊かな描写に満ちています。(ナクソス)

・『アウトバック』序曲
・バレエ音楽『コロボリー』組曲
 歓迎式典
 夕星のための踊り
 雨の踊り
 風の精霊
 日が昇る
 朝の星
 トーテムの行列と閉会式
 ニュージーランド交響楽団
 ジェイムス・ジャッド(指揮)

 録音:2006年7月、ニュージランド、マイケル・ファウラー・センター(デジタル)

内容詳細

ジョン・アンティルは英国系豪州人。英国風な「アウトバック」序曲に比し、代表曲「コロボリー」はアボリジニの祭儀に基づく。独特なリズムや音程に加え、民俗楽器ディジュリドゥの模倣や「風の精霊」のような描写性にも富んだ秀作。華やかに鳴らすオケが壮快。★(ま)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Antill: Outback Overture [07:57]
  • 02. Corroboree: I. Welcome Ceremony [08:29]
  • 03. II. Dance to the Evening Star [03:39]
  • 04. III. A Rain Dance [04:55]
  • 05. IV. Spirit of the Wind [03:50]
  • 06. V. Rising Sun [02:38]
  • 07. VI. The Morning Star [01:49]
  • 08. VII. Procession of the Totems and Closing Ceremony [15:47]

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ジャッド指揮、ニュージーランド交響楽団の...

投稿日:2017/07/16 (日)

ジャッド指揮、ニュージーランド交響楽団の演奏が素晴らしい。 そして音質が綺麗だ。 アンティルはオーストラリアの作曲家。バレエ音楽『コロボリー』はアボリジニの音楽を元にして作曲されたそうだが、それほど独特のものは感じられなかった。 もっとも、それはアボリジニの音楽をヨーロッパの音楽に同化させる事ができたというアンティルの作曲技術の見事さなのかもしれない。

ユローヂィヴィ さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
John Antillという作曲家は知らなかったで...

投稿日:2009/05/20 (水)

John Antillという作曲家は知らなかったでど,コロボリー組曲はすばらしかったです。民族音楽の影響を受けているでしょうけど,その色彩といい,構成といい文句なしです。だまされたと思って聞いてみてはどうでしょうか?ストラビンスキーの春の祭典のような曲が好みであれば,聴いてみる価値はあると思います。

hirachan さん | 神奈川県 | 不明

1

おすすめの商品