はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと アンダンテのだんだんと中受日記 完結編

アンダンテ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478044650
ISBN 10 : 4478044651
フォーマット
発行年月
2013年06月
日本
追加情報
:
266p;19

内容詳細

2人の子どもたちは苦手科目を克服して受験校に全勝!「なんでこんなに忘れるの??」と思ったら、ペースはセーブしてかまいませんから、空回りしないように気をつけます。怒鳴っても解決しません。戦うべきは、お子さんではなくて忘却曲線です。

目次 : 第1章 中学受験させる理由を明確に/ 第2章 苦手科目の克服はひたすら基礎重視で/ 第3章 塾は主体的に利用する/ 第4章 「似合う」と思える学校を選ぶ/ 第5章 過去問を徹底的にやり込む/ 第6章 幸せな受験のためのQ&A

【著者紹介】
アンダンテ : 「中学受験ブログ(本人・親)」人気ランキング第1位ブロガー。東京都生まれ。公立中学に通うが、女子学院中学校に転入。東京大学理科二類に入学。同大学院修士卒。現在はメーカー勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • なると さん

    1、中学受験させる理由を明確に 2、苦手科目の克服はひたすら基礎重視で 算数が苦手なら数とお友達になろう 3、塾は主体的に利用する。 4、似合うと思える学校を選ぶ 5、過去問を徹底的にやり込む

  • T. N さん

    子どもにとって、どういった教育を与えてあげるのが一番良いのかというのは、親として悩みどころ。私立か公立かは選択のし直しが簡単には出来ない。私立を目指すにしても、子供にとってのいい学校はどこなのか、そこに行けるようにするための学力をつけるにはどんな塾がいいのか、どんな学習方法がいいのか。はじめにしっかりと決めて、最後はそこに立ち戻る事。最初が肝心だ。

  • ayako_tooyama さん

    第一志望の中学校合格のためには、ただがむしゃらに子どもに勉強をさせることは効率的ではない。その子に合った学習法や得意/不得意分野を親が把握し、時には塾の授業や宿題を取捨選択してでも、本当にその子に必要な学習をさせることが近道だ。中学受験をすることの意味を定義し、目的達成のためのタスクを洗い出し、進捗管理をする。志望校の情報収集と絞りこみをし、子どもの動機付けを行う。子どもへの愛情がベースにありつつ、冷静なマネジメント能力が親には求められている。

  • gearsheep さん

    二人の子供を日能研に通わせ、中学受験をさせた体験記。勉強の進め方を子供の性格を考えてサポートし、受験する学校のタイプも子供の性質で向き不向きを吟味したり、あと細かいサポートのノウハウも満載で、参考になるし、いろいろ考えないといけないなあと思わされる良本でした。

  • 絵具巻 さん

    文京区立根津図書館で借りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンダンテ

東京都生まれ。公立中学に通うが、女子学院中学校に転入。東京大学理科二類に入学。同大学院修士卒。現在はメーカー勤務。子育て・受験ブログが多くの共感を呼び人気となる。ブログ「アンダンテのだんだんと中受日記」は、2013年7月に『はじめての中学受験 第一志望合格のためにやってよかった5つのこと』(ダイヤモ

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品