この商品の関連特集

みんなの少年探偵団 ポプラ文庫

アンソロジー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591152720
ISBN 10 : 4591152723
フォーマット
出版社
発行年月
2016年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
227p;15

内容詳細

明智小五郎、少年探偵団、そして怪人二十面相…。いまだ多くの人々を魅了し続ける、江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ。彼らの対決に胸を躍らせた豪華作家陣が、当時のドキドキ感を筆に込めてオマージュ小説を書き上げ、各種メディアでも話題になった傑作アンソロジー。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りゅう☆ さん

    双子が泥棒の祖父から学んだことは明智小五郎誕生秘話だったのか?『永遠/万城目学』、怪人二十面相、予告状、名探偵、お宝、誘拐、ピストル、爆弾と体操少女が経験した冒険譚にワクワクした『少女探偵団/湊かなえ』、吸血鬼の謎にどでかい犯罪者と明智探偵との攻防をやっぱり知りたかった『東京の探偵たち/小路幸也』、怪人二十面相がなぜ魔法の犬を使ったトリックを用いたのかが分かった時ちょっと笑えた『指数犬/向井湘吾』、いよいよ怪人二十面相引退か?彼の心の中を知ることで壮大なスケールだけど身近に感じた『解散二十面相/藤谷治』→

  • enana さん

    怪人二十面相に5人の人気作家が挑む!懐かしくて新しい、傑作ぞろいのオマージュ・アンソロジー!江戸川乱歩生誕120年記念プロジェクト第一弾。

  • アン さん

    子供の頃に好きだったポプラ社の江戸川乱歩シリーズ。当時を思い起こす懐かしい絵だなと思って手にした5名の作家によるアンソロジー。万城目さんと湊さん目当てでもありました。どの作品も乱歩にオマージュを込めた作品で懐かしいようで新鮮でもあるお話で楽しめた。なかでも万城目さんと湊の作品は面白かった。いくつになっても少年探偵団と二十面相には惹かれるものがあります。改めて乱歩作品を読みなおしてみたくなりました。

  • ままこ 🌸 さん

    懐かしさを感じさせる表紙絵。少年探偵団をモチーフにしたアンソロジー。一番印象に残ったのが奇妙で好奇心溢れる独特の雰囲気漂う万城目さん『永遠』、ワクワク感と優しい温かみを感じた湊さん『少女探偵団』、小路さんらしい展開だった『東京の探偵たち』、ちょっとしたオチがあった向井さん『指数犬』、藤谷さんの『解散二十面相』二十面相の複雑な心境の話も面白い。どの作品も怪しい雰囲気を上手く取り入れ懐かしいけど新しいオマージュ作品だった。

  • チアモン さん

    5人の作家の「少年探偵団」シリーズのアンソロジー。懐かしさをとても感じさせる装丁でワクワクしながら読んだ。大人になってから読むとちょっと物足りなさを感じたが面白かった。全て短編なのでサクサク読めた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アンソロジーに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品