アンソニー・B.アトキンソン

人物・団体ページへ

アトキンソン教授の福祉国家論 1

アンソニー・B.アトキンソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784771012325
ISBN 10 : 4771012326
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,206p

内容詳細

所得分配と国家の関係を分析し、独自の福祉政策論を展開。福祉国家、そして日本の将来にも極めて重要な論考で構成。開発経済学、厚生経済学の研究者、必読の書。

目次 : 第1部 イギリスおよびヨーロッパにおける所得の不平等と貧困(イギリスの所得分配に何が起きているのか?/ ヨーロッパ諸国における所得分配/ ヨーロッパにおける貧困、統計および進歩―貧困統計と評価方法の発達/ 貧困率の国際比較―OECD諸国における最近の研究/ 早期退職者が2つの国民に?―イギリスの場合)/ 第2部 福祉国家の経済分析(福祉国家は経済成長の障害か―必然的に?/ ナショナル・ミニマム?―イギリスにおける給付スケールの決定に関する不明瞭性の歴史/ イギリスにおける国家年金の発展)

【著者紹介】
A・B・アトキンソン : オックスフォード大学ナッフィールド・カレッジ学長、英国学士院会員。元ケンブリッジ大学およびロンドン大学教授。所得分配論および福祉国家論の研究でしられ、International Economic Association(国際経済学会)、European Economic Association(欧州経済学会)、Econometric Society(計量経済学会)、Royal Economic Society(王立経済学会)の会長を歴任した。著書に『The Economics of Inequality』(1983)、『Wealth,Income and Inequality』(1980)、『Public Economics in Action』(1995)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アンソニー・B.アトキンソン

オックスフォード大学ナフィールドカレッジ元学長。現在、オックスフォード大学フェロー。所得分配論の第一人者であり、国際経済学会、欧州経済学会、計量経済学会、王立経済学会会長を歴任。所得と財産の分配の歴史的トレンド研究という新しい分野を切り開いた。論文・著書多数

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品