アレン・アイルランド

人物・団体ページへ

THE NEW KOREA 朝鮮が劇的に豊かになった時代

アレン・アイルランド

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784434181818
ISBN 10 : 4434181815
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
695p;21

内容詳細

著者のアレン・アイルランド(Alleyne Ireland)は、1871年−1951年イギリス生まれの世界の植民地統治研究の専門家、第一人者です。シカゴ大学委員、王立地理学会特別会員であり、アメリカの雑誌などに広く執筆活動を行なっていました。1901年、米シカゴ大学の招きにより、極東の植民地運営を研究するための委員会の責任者に任命され、3年間極東に派遣され、イギリス、フランス、オランダ、そして日本による植民地経営のシステムを研究しました。6カ月間のフィリピン滞在の後、アメリカに戻り、新しく設立されたシカゴ大学の植民地・商業学部の責任者に就任。日本による朝鮮の合邦政策について研究をまとめ、1926年にニューヨークで「THE NEW KOREA」を出版しました。「THE NEW KOREA」は韓国で翻訳出版された以外はその存在は知られていませんでしたが、87年の年月を経て2013年に弊社で完全対訳本として出版致しました。人気ブロガーのシンシアリー氏は、「THE NEW KOREA」を読み、日韓併合の真実を知らしめるためにブログを始めたとのことです。

目次 : 朝鮮の描写と歴史/ 概論/ 政府組織/ 司法制度と裁判所/ 警察と監獄/ 政府の財政/ 教育/ 医療・公衆衛生・社会福祉/ 経済発展

【著者紹介】
アレン・アイルランド : 1871‐1951。イギリス生まれ。王立地理学会特別会員(F.R.G.S.)。植民地経営に関する専門家。アメリカの雑誌などに広く執筆活動を行なっていた。1901年、米シカゴ大学の招きにより、極東の植民地運営を研究するための委員会の責任者に任命され、3年間極東に派遣され、イギリス、フランス、オランダ、そして日本による植民地経営のシステムを研究した。6カ月間のフィリピン滞在の後、アメリカに戻り、新しく設立されたシカゴ大学の植民地・商業学部の責任者に就任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Miyoshi Hirotaka さん

    イギリス人の行政専門家が1926年に書いた本。日韓併合の成果を第三者的な視点でまとめている。併合前の朝鮮人の生活は極めて悲惨。それは、過去500年間の朝鮮王朝の愚かさと腐敗に原因がある。もし、軍事戦略上の前線とするだけだったなら、朝鮮人の福祉には全く関心がなかったはず。しかし、わが国は経済資源の開発を政策の中心にし、社会資本開発や文化も支援。この結果、朝鮮人の生活水準は格段に向上した。当時、わが国の統治が朝鮮半島にもたらした利益は、わが国以外の政府が世界中のどの国にもたらした利益よりも大きかった。

  • isao_key さん

    1926年イギリスの植民地経営専門家によって書かれたレポート。題は朝鮮が1905年日本の統監府が置かれた以降、特に1910年の日韓併合後の急激な発展を示している。一次資料に沿って詳細に分析する。序論で著者は「朝鮮が概して良く統治されていたか否かは、入手可能な資料を基にして初めて評価できるのである。私は3年以上に亘りこうした資料を基に研究しその結果を本書に記したのである(中略)今日の朝鮮は李王朝時代とは比べ物にならないくらい良く統治されており、また他の多くの独立国と比較してもその統治は優れている」と述べる。

  • カットマン さん

    現代に執筆されたのならばネトウヨ喜ばせ本として揶揄されるのでしょうが、何と20世紀の前半、第二次大戦勃発前の書。日英併記による出版は2013年。付録に条文や統計、ODAや技術移転のデータあり、非常に参考になる。閔妃殺害が唯一批判的な記述か。

  • あずさ さん

    めっちゃ分厚い!しんどくなって途中で断念。巻末を読むと、憤りがわいてくる。ちゃんと治められていたことが、客観的に見てもわかる。ここまで恩をあだで返す国もないのでは?自分たちでは国を治めることすらできないくせにプライドだけはいっちょまえ。他のアジアの国々は独立したくて必死だったのに。横書きで読みにくいので、日本語だけでまとめた本が欲しい。

  • tom さん

    歴史は今の人間の思考で当時のことを判断するものでなく、当時のありのままを知ること。すなわち、この時期、飛躍的に朝鮮(韓国)は国が豊かになっていることは確かである。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アレン・アイルランド

1871‐1951。イギリス生まれ。王立地理学会特別会員(F.R.G.S.)。植民地経営に関する専門家。アメリカの雑誌などに広く執筆活動を行なっていた。1901年、米シカゴ大学の招きにより、極東の植民地運営を研究するための委員会の責任者に任命され、3年間極東に派遣され、イギリス、フランス、オランダ、

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品