人生の贈り物

アレックス ロビラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591104248
ISBN 10 : 4591104249
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,78p

内容詳細

ベストセラー「Good Luck」の著者が贈る、究極のメッセージブック。賢人たちの名言の数々を、印象的なエピソードをまじえ、短く、わかりやすく紹介。シンプルな言葉が胸に響く1冊。

【著者紹介】
アレックス ロビラ : 1969年生まれ。ヨーロッパの名門ビジネススクールESADEを卒業後、民間企業でマーケティングのキャリアを積む。1996年、コンサルティング会社を設立。MBAをもつ経済学者でもあるが、心理学や民俗学にも造詣が深く、企業活動や消費行動をダイナミックな人間学の中に位置付ける新しいマーケティング手法は高い評価を得ている。2004年6月に刊行された『Good Luck』(ポプラ社)は170万部のベストセラーとなった

田内志文 : 1974年埼玉県生まれ。明星大学日本文化学部卒業。フリーライターとして活動したのちイギリスへ渡り、イースト・アングリア大学院で翻訳を専攻する。スヌーカー(ビリヤードの一種)のプレーヤーとしても活動しており、現在、Japan Snooker Players’ Clubランキング7位。2007年スヌーカーアジア選手権日本代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミストラル@しなやかに♡たおやかに…☆ さん

    以前読んだアレックス・ロビラさんの「Good Luck」…ふっと思い出し、検索していて出会った本。当たり前と思っていても、なかなか思うとおりにいかないのが常。偶然か?必然か?気になっていた言葉、作品…本書の中で嬉しい遭遇。改めて「そうだった…。そうだよね。」と再確認だった。本に呼ばれたのかなぁ(*˘︶˘*).:*♡ ちょっと不思議な感覚で自分の中に染み込んだコトバたちに感謝♡ 時々、読み返したい本。

  • よこしま さん

    言葉はもっとも強力な武器である。byテイムンドゥス・ルルス◆読友さんが、海外モノを苦手としている僕に、これなら読みやすいですよと教えてくれた1冊。心が浄化されたような読後感でした。ありがとうございます(o^^o) 「ありがとう」「お疲れさま」、どうも最近こういう言葉が減っているのが気になります。かと言って押しつけるものではなく、最終的には本人の自覚かなと。ささいな一言なのですが、スルーするのではく返してくれれば、そこから新たな人間関係が始まる可能性が高くなるのですから。他にも沢山の言葉が紡がれてます。

  • Anemone さん

    謙虚さや優しさを持ち続けることは、自分に余裕がないとなかなか難しい。今回は、「優しさとして表現されてこそ、愛は深まっていく。」が1番印象深かった。読む時々によって、響く言葉が変わりそうな1冊。

  • kiisuke さん

    クレーの『幼稚園の天使』のかわいらしい表紙に惹かれて手に取りました。愛することや感謝すること、一歩を踏み出すこと、謙虚であること…今まで何度も出会ったことがあるはずの言葉がアレックスロビラの言葉を通して自分のなかにすーっと入ってストンと収まる。とてもシンプルだけど本当に大切なことだけを伝えてある一冊だと感じました。『日々当たり前のように受け取っていたものがどれほど尊いものだったか。小さな笑顔は奇跡であり、たくさんの奇跡に囲まれて生活していたのだった』 『木を植えた男』のエピソードも印象的でした。

  • なないろ さん

    大切な言葉がたくさん紡がれた1冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アレックス ロビラ

1969年、バルセロナ生まれ。エサデ・ビジネススクールでMBAを取得後、自身の設立した管理者教育プログラムの責任者を務め、スペインのエル・パイス、カデナ・セール放送局をはじめ国内外のメディアで活躍。また国内外の主要企業のコンサルタントを務め、さまざまな財団やNGOの活動にも携わっている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品