ル-ツ 1

アレックス・ヘイリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784390109710
ISBN 10 : 4390109715
フォーマット
出版社
発行年月
1978年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
388p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • にこにこ さん

    覚えてますか?クンタ・キンテ。あー聞いたことある!程度しか覚えてないので読んでみた。奴隷商人につかまるまでが結構長いんだけど、ここがルーツだから口伝としてはココをつたえないとしょうがないよな。アメリカに連れてこられてからは逃亡を図ったり、臥薪嘗胆だったり、逃げられないと諭されたり、自由はもらえないけど、生活は出来る。「開放されたら自分で生きていけるのか?」長年”飼われて”いると思うのか。

  • 本読むerio さん

    黒人差別について知りたくて読んでみた。奴隷にされても、誇りを持ち続けたクンタ・キンテ。子孫に故郷のことや故郷の言葉、自分たちのルーツを話して聞かせ、口承していくことが、代々の掟となった。最後、長い時間をかけて、クンタの血が故郷に戻ったのだと思うと、こみあげるものがあった。それぞれの代の文化や習慣を知れた。差別の考察についてはあまり参考にならなさそうだ。これに関してはまた別の本を読むことにする。

  • ヨーイチ さん

    現代教養文庫って時たま当たりの本を出す印象がある。

  • マイマイ さん

    アフリカン・アメリカンのルーツ。衝撃を受けました。

  • 平岡公威 さん

    以前の記録

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品