アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ

人物・団体ページへ

まほうの馬 ロシアのたのしいお話 岩波おはなしの本

アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001103069
ISBN 10 : 4001103060
フォーマット
出版社
発行年月
1981年07月
日本
追加情報
:
23cm,164p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たつや さん

    Mブラートフとトルストイの共著、童話短編集、全12篇の内トルストイの作品は7編です。でも、全編にわたって統一感があるので、違和感なく、楽しく最後までよm、得ました。きつねがスネ夫的存在で、子供にもわかりやすい悪役でした。もう、大好きです。表題作の「まほうの馬」はトルストイ作ではないのにイワンのばかが主人公です。なんでもアリの展開に笑いました。

  • tiny-candy さん

    (図書館本)ロシア民話をトルストイとブラートフが再話した短篇12話。ラチョフのロシアらしい挿絵が素敵です。お気に入りは「ネコとキツネ」「わるいガチョウ」。(購入)

  • れんげゆき さん

    素話「アリョーヌシカとイワーヌシカ」。10分。勉強会にて。語り手:図書館司書Iさん。ロシアの昔話。旅の途中で喉が渇いた弟イワーヌシカは、姉アリョーヌシカが止めるのも聞かずに、ヤギの蹄にたまった水を飲み、子ヤギになってしまう。その弟を連れて商人に嫁いだ姉が、今度は魔女にだまされて川に沈められてしまい…。不気味でドラマティックな展開。いつか覚えて語りたいお話の一つ。2016/5/12

  • HIRO1970 さん

    ??????子供の頃に読みました。

  • れんげゆき さん

    過去読了本。表題作「まほうの馬」は、福音館書店『ロシアの昔話』所収「魔法の馬」の類話。岩波おはなしの本シリーズは、素話のテキストとしても人気が高い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品