アレクサンドル・デュマ

人物・団体ページへ

三銃士 上 岩波文庫

アレクサンドル・デュマ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003253380
ISBN 10 : 4003253388
フォーマット
出版社
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,621p

内容詳細

舞台は17世紀初め、世情いまだ穏やかならぬルイ13世治下のフランスである。勇気と才覚を武器に出世の道を切りひらこうと、パリにやってきた青年ダルタニャンが到着早々出会ったのは、3人の近衛銃士―沈着冷静な武人アトス、人の好い豪傑ポルトス、そして詩人はだで聖職者志望のアラミスだった。友情に固く結ばれた4人の活躍が始まる。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 絹恵 さん

    16世紀フランス、酒と女と忠義に酔いながら、銃士隊のアトス、アラミス、ポルトス、そしてダルタニャンは"Tous pour un, un pour tous.(全員が一人のために。一人は全員のために。)" の言葉の下、心を通わせ信頼を深めていきます。四人の不格好・不完全な人間性が魅力的です。ルイ13世もとい枢機卿の権勢下、蠱惑的なミレディー、気高きアンヌ王妃、しなやかなコンスタンスが絡み、時に決闘しながら、時に愛に溺れながら、四人が正義を通せますように。

  • あかる さん

    田舎からパリにでてきたダルタニャンと三人の銃士たちの冒険譚。現代日本とは環境も何もかも違うにしても、みんなまるでだめ男に見えるんだよなぁ。勝手に英雄めいたイメージを持っていたからか。色々気になるまま終わっているので、下巻へ進みます。

  • おか さん

    お願いします 真面目にやって!感想がUPされるの遅すぎ(ーー;)児童書より過激かな、、、 ちゃんとした感想は 下巻読んでからにしよう

  • たきすけ さん

    デュマの代表作の一つ「三銃士」友情厚い冒険活劇かと思い読み始めたが、青年達の心の葛藤(中でも異性への心の機微)虚栄心などの心情がメインに書かれていて、イメージと違い驚きでした。騎士道精神はあれど品行方正とは言いがたい4人のやり取りは、時に勇ましさと忠誠に酔い、時に酒の酔いに任せ若者らしい場当たりな対応をしており、ある意味とても人間らしく、ノンフィクション性のある内容です。「みんなは一人の為に、一人はみんなの為に」を良くも悪くも登場人物4人はうまく解釈して使っています。現実的という点でデュマの着眼点が鋭い。

  • shoko さん

    三銃士のこの上巻のストーリーはあまりにも有名だけれど、改めて読んでみると細部までわかってより楽しめる。展開を知っているにも関わらず、ワクワクするこの感覚はさすがのデュマです。下巻にはどんな逸話が待っているんだっけ。思い出せないから更に楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アレクサンドル・デュマ

1802‐70。フランスを代表する小説家・劇作家

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト