アルヴェーン(1872-1960)

アルヴェーン(1872-1960) プロフィール

アルヴェーン(1872-1960) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ヒューゴ・アルヴェーン(Hugo Emil Alfven, 1872年5月1日 - 1960年5月8日)は、スウェーデンストックホルム出身の作曲家、指揮者、ヴァイオリニストおよび画家。同年代のヴィルヘルム・ステーンハンマルとともに、スウェーデンの主要な作曲家の一人として知られる。

略歴

1887年から1891年まで(15 - 19歳)ストックホルム音楽院に学びながら、ヨハン・リンデグレンの個人指導を受ける。生涯を通じ、指揮者としてヨーロッパを巡演した。また、スウェーデンの宮廷楽団 Hovkapellet でヴァイオリンを演奏し、1910年から1939年までウプサラ大学音楽監督 director musices を勤め、同大学の男声合唱団 Orphei Dr?ngar を1947年まで指揮した。

デンマーク人の女性画家 Marie Triepcke(1867 - 1940)と1912年に結婚するが、1936年に離婚した。Triepcke は最初の結婚では画家 Peder Severin Kr?yer (1851-1909) と生活を過ごしており、アルヴェーンと再婚した折には Marie Triepcke Kr?yer Alfv?n と名乗った。

主要作品

アルヴェーンの作品は、かなり伝統的な後期ロマン派の語法を示しており、色彩的な管弦楽法やしばしば標題的な傾向、また、スウェーデンの風景を呼び覚まそうとする意欲が見出される。あらゆるジャンルに手を染めたステーンハンマルとは対照的に、アルヴェーンは本質的に管弦楽の作曲家であった。

著名な作品として数えられるのは、たくさんの男声合唱曲、5つの交響曲、3つのスウェーデン狂詩曲(とりわけ第1番「夏至の徹夜祭 Midsommarvaka」の軽快な旋律は多くの人々に…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%