アルフ・プリョイセン

人物・団体ページへ

スプーンおばさんのぼうけん 新しい世界の童話シリーズ

アルフ・プリョイセン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784051046576
ISBN 10 : 4051046575
フォーマット
出版社
発行年月
1982年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23cm,178p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 優希 さん

    スプーンおばさん2作目です。突然ティースプーンくらいの大きさになってしまうおばさんの色々な冒険を楽しみました。水泳ぎを覚えたり、生物学を学んだり、探偵になったりと大忙し。体の大きさは変わっても前向きにその場の成り行きで何とかしてしまうのが面白いです。色々な性格の奥さんや子供たち、動物たちと会話していくことで前作よりおばさんの性格がわかってくるのも楽しいです。

  • リップ@-11kg さん

    小さいころに読んで以来好きなスプーンおばさんシリーズ。図書館で発見して借りてきました。これ、ノルウェーが舞台なんですね!コケモモの実とかヒナゲシとか、日本の童話とはまた違った植物がいっぱい出てくるのが好きです。絵本や児童書は、文化の違いがふつうの本より前に出やすいなーと感じました。

  • 玲 さん

    スプーンおばさんは立派な人物ではなくて普通のおばさんだ。だから苛々もするし、ちょっと口も悪いし、ひとに喧嘩をふっかけてやろうなんて思ったりもする。ブローチをうっかりなくした理由は二転三転するし、人使いも荒い。しかし読者はそんなおばさんを大好きにならずには居られない。大胆で機転がきいて、人情味があって、失敗を恥じず、謝ることもできる、したたかさとしなやかさに、憧れすら抱いてしまう。

  • フミ さん

    スプーンおばさんは友達がたくさんいるから助けてもらえるんだよね⁉️

  • ブラックティー さん

    今回印象に残ったお話は、おばさんが子ガラスを助ける話。弱った子ガラスの面倒をみるうちに、すっかり愛情をもってしまい、なんだかんだと理由をつけては手放さないおばさん。小さくなったおばさんは親カラスたちに同じ仕打ちを受けそうになって、間違いを知るという失敗談。そう時々小さくなる以外は普通のおばさんなんですから、失敗もあるわけです。でもその気持ちすごーくよくわかります。あとは、おばさんの近所付き合いがわかるお話が何編かあって、それも思わず笑いそうになりました。気持ちの良い日常系ファンタジーだと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品