アルフレド・アルヴァレズ

人物・団体ページへ

夜 心理・生理・行動

アルフレド・アルヴァレズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784588182129
ISBN 10 : 4588182129
フォーマット
出版社
発行年月
2001年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,281,11p

内容詳細

現実的な意味での夜と、比喩的な意味における夜への考察。少年時代の闇への恐怖を回想し、睡眠実験を観察して夢の生理学を論じ、古今の作家や研究者の、夜と夢への関わりを語る。

【著者紹介】
アルフレッド・アルヴァレズ : 1929年に生まれる。イギリスの詩人、作家、批評家。オックスフォード大学コーパス・クリスティー・カレッジを卒業後、現代英米詩人を論じた『The Shaping Spirit』(1958年)によって登場し、つづいて研究書『The School of Donne』(1962年)を執筆した。その後は離婚問題やポーカー、北海油田問題、さらには登山にいたる広い題材にわたるノンフィクション作品に加え三篇の小説を発表し、高い評価を受けている。とりわけ自らの自殺未遂の体験をもとに、プラスやベリマンなど自殺したアメリカの現代詩人を素材にした『The Savage God:a Study of Suicide』(1971年)はベストセラーになった。現在はロンドンに在住し、『ニューヨーカー』の常連寄稿者でもある

工藤政司 : 1931年に生まれる。1958年、弘前大学文理学部卒業。現在、東京国際大学経済学部教授。主要訳書に、スタイナー『真の存在』、シンガー『愛の探求』『人生の意味』、ハリスン『買い物の社会史』、チュダコフ『年齢意識の社会学』(共訳)、ヒューストン『白い夜明け』(以上法政大学出版局)、オースティン『エマ』(上下、岩波文庫)、グレーヴズ『さらば古きものよ』(上下、岩波文庫)、スタイナー『G.スタイナー自伝』(みすず書房)、ネルキン/リンディー『DNA伝説』(紀伊国屋書店)、ディーネセン『不滅の物語』、フラー『巡礼たちが消えていく』(国書刊行会)、ショー『乱れた大気』(マガジンハウス)『ローマは光のなかに』(講談社文庫)、その他がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品