アルフレッド ベスター

人物・団体ページへ

ゴーレム 100 未来の文学

アルフレッド ベスター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784336047373
ISBN 10 : 4336047375
フォーマット
出版社
発行年月
2007年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,498p

内容詳細

22世紀の巨大都市で召喚された新種の悪魔ゴーレム100をめぐる目眩く冒険と、魂と人類の生存をかけた死闘…。SF史上に燦然と輝く傑作「虎よ、虎よ!」の巨匠ベスターによる、最強にして最狂の伝説的長篇。

【著者紹介】
アルフレッド ベスター : 1913年アメリカ・ニューヨーク市マンハッタンのユダヤ系中流家庭に生まれる。ペンシルベニア大学では化学を専攻、途中コロンビア大学の法科に転向。39年に作家デビュー。短篇をいくつか発表した後、コミックスのシナリオ作家、ラジオ・TV番組の脚本・演出家に。52年、長篇『分解された男』で第1回ヒューゴー賞を受賞、SF界に復活。その華麗な筆致と奔出するアイデアと熱気と迫力に満ちた作風で熱狂的な人気を博す。その後、雑誌編集者を経て、75年『コンピュータ・コネクション』(サンリオSF文庫)で最復活を果たす。87年に死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マエダ さん

    「なんだこれは」である。わかることは飛び切りぶっ飛んでいることくらい。本書を消化不良をおこさずに読み解けたら本物。そんな一冊であり年月を経も再読必須な一冊。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    蜜蜂レディの真面目で馬鹿馬鹿しい降霊術と人々のイドの集合体によって召喚されたゴーレム100(乗)。3人の科学者達は狂気に飲み込まれつつも凶行を繰り返すゴーレム100を捕まえるべく、深層心理へダイブするが…。変な数式や化学式、コミックやロールシャッハ・テストのような図の挿入、音符が全く、書かれてない楽譜、フォント遊びという表現の天衣無縫さが炸裂。最後の交尾後の蟷螂の雌のようなスプラッタでゴアなセックスシーンに悲鳴を上げつつも「そぅです、私が変なおじさんです!」みたいなオチにとうとう、噴きました(笑)

  • tomo*tin さん

    なんというか色んな意味で究極にカオス。完璧にイっちゃってる。けれど物語が破綻しているわけではない。何なのコレ。やばすぎる。犯り放題の殺り放題で下品で卑猥でラリってるかと思えば突如現れる楽譜に版画に浮世絵にアメコミにロールシャッハテスト。変態奇天烈センス炸裂にも程がある。いやだわ、もう、どういうことなのコレ。わけわからん。素敵すぎる。もう私なんかに説明は不可能なのである。しかしこんなに強烈なのを本当によく訳せたなあ。渡辺さん凄いなあ。あと山形さんの解説の的確さも素晴らしかった。愛されてるわゴーレム100乗。

  • 磁石 さん

    人間の無意識の海で生まれたゴーレム100、この世の悪徳を煮詰めて作った変幻自在の悪魔。都市中で起こった人外の凶行の痕跡、無意識から読み取ったサインを丹念に正確に分析し、その正体にたどり着いた。まるでオーケストラとロックと伝統民謡を同時に鑑賞しているかのよう、違いすぎるはずなのに指揮者がまとめきって一つの音楽に仕立ててしまった。普通の作家なら、ここまで野放図に広げた話はまずまとめ切れない、中途半端にぶつ切りにするしかないはず。著者の剛力には笑うしかない。

  • きゅー さん

    1980年に書かれた最高にパンクなSF小説。J・G・バラードのもつスプラスティック、イアン・ワトスンを彷彿とさせる哲学趣味、とてつもないグルーブ感があわさって超越論的な一作に。快楽原理であるイドが暴走するという筋道ながら、その脇を固める雑多な舞台背景、脇役、小道具のギラギラしていること。派手で騒々しいし、下品なんだけど、とても今の時代では生み出せないような力を持っている。無茶苦茶なストーリー展開だけど、然るべき場所へと着地する。しかしその着地点もひどい有様なんだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アルフレッド ベスター

1913年ニューヨーク市マンハッタン生まれ。1939年、短篇“The Broken Axiom”がスリリング・ワンダー誌のSFコンテスト第一席入選作となり、作家デビュー。その後3年間、SFの短篇を発表するが、やがて『スーパーマン』をはじめとするコミックスの原作者、ラジオ、テレビ、ドラマの脚本家として

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品