スパイガール episode2 男子禁制!

アリー・カーター

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784652079256
ISBN 10 : 4652079257
フォーマット
出版社
発行年月
2008年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
橋本恵 ,  
追加情報
:
19cm,365p

内容詳細

スゴ腕の女子高生たちが集まるトップシークレットのスパイ学園。今度のミッションは、なんと男子スパイの卵と一緒。スパイは恋しちゃダメなんて、そんなの無理…。女子高生スパイが大活躍する、人気シリーズ第2弾。

【著者紹介】
橋本恵 : 翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りりす さん

    再読。内容はやっぱりほとんど覚えてなかった。今回は、主人公たちの全寮制女子スパイ養成学校に、男子スパイ養成学校の生徒がやって来た。カメレオンのカミーって『カーマは気まぐれ』からとってたりするのかなと思ったり。とってるってほどでもないけど。閉鎖的な女子校に突然男の子がやって来てそわそわするギャラガーガールたちの中で、ヨレた制服でひとりだけメイクせずにしらけてる美女・メイシーが可愛い。メイシーって柔和な印象から遠いようで、見てると結構母親のよう。ONE PIECEのロビン、純潔のマリアのビブみたいに。

  • 雀 さん

    ★★★☆☆☆  再読

  • yoona さん

    シリーズ第2弾。女の子だけのギャラガーアカデミーに男の子がやってくるお話。前回のジョシュの時といい今回もザックとのやりとりはドキドキしました。中学生のころに読んだシリーズなのですが、今読んでもとても面白いです。映画になったみたいなので映画も観てみたいと思いました。続刊も楽しみです。

  • スルメ さん

    スパイ同士のピリピリsた雰囲気がよかった

  • utaki さん

    絵が痛い。 主人公が振り回される話ってきらいだなー。 ジョシュの方がいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アリー・カーター

作家。初めてのYA作品となる『スパイガール』シリーズで、究極の学園生活を展開した

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品