アリス・キンバリー

人物・団体ページへ

幽霊探偵の五セント硬貨 ミステリ書店 2 ランダムハウス講談社文庫

アリス・キンバリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784270100745
ISBN 10 : 4270100745
フォーマット
発行年月
2006年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,426p

内容詳細

社交界の華と呼ばれた女性が殺された。そして今度は、事件の真相に迫った作家までが謎の失踪!?自分の店に招いた作家とあらば見過ごせない。真相究明に乗り出した書店主ペネロピーは、捜査の参考にと、店の倉庫に眠っていた幽霊探偵の事件簿を取り出してみることに。すると、中から一枚の五セント硬貨が転げ落ち…。この一枚がやがて、幽霊探偵とミステリ書店主の名コンビの命運を分ける。待望のシリーズ第2弾。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • み さん

    さくさくと♪こちらのシリーズの方が楽しい(^^)コインで自縛から解放とは、ちと面白い。

  • poke さん

    ペネロピーとジャックの微妙な関係が落ち着く。雰囲気が好きで読んでいるシリーズです。

  • るぴん さん

    私自身が庶民なので、上流階級の鼻持ちならない人々にぎゃふんと言わせる展開は、スーっとします。幽霊のジャックと夢の世界でどんどん接近していくペネロピー。2人を応援したいけど、色んな障害があり過ぎだしなぁ...。今後が楽しみなシリーズです。

  • あや さん

    【図書館】シリーズ2作目。前作ではジャックに振り回されっぱなしだったペネロピーが、驚くべき積極性をみせます。五セント硬貨のおかげでジャックの持ち運びも出来るようになったし(笑)次の展開が楽しみです。

  • ほちょこ さん

    ミステリ書店シリーズ第2弾。だんだん幽霊探偵の正体が明らかになってくる。なかなかの名探偵ぶりだが、どこかユーモラス。いいねぇ。アメリカのコージーのほのぼのさ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アリス・キンバリー

2004年『幽霊探偵からのメッセージ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品