アラン・ルネ・ル・サージュ

人物・団体ページへ

ジル・ブラース物語 3

アラン・ルネ・ル・サージュ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003252031
ISBN 10 : 4003252039
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
杉捷夫 ,  
追加情報
:
310p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    一つのところに、また一人のところに落ち着く時間が短すぎる。目まぐるしすぎて、読むのが少々疲れてきた。こんなにすぐに信用されて誰かに紹介され、またこんなに些細なことですぐに袂をわかつことになるなんて。一つ一つが連載物や、ドラマの一話一話と思えばありかなあ。フランス革命より半世紀以上も前の時代だが。ジル・ブラースは、女性より男性との相性か良く、長続きするようだが、そもそも今はいくつなのだろう。

  • NAO さん

    元恋人、過去に出会った友人が繰り返し境遇を変えて出てきて、彼らとの再会で、ジル・ブラースの境遇も劇的に変化する。大司教の俗っぽさ、貴族の堕落ぶり、貴族邸で働く使用人たちの怠惰と堕落がこれでもかというぐらい描かれ、いい加減うんざりする。そして、ジル・ブラースのジェットコースターのような波乱万丈ぶりはまだまだ終わりそうにない。

  • echelon さん

    おもしろかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品