アラン・アレクサンダー・ミルン

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

ウサギまいごになる クマのプーさんえほん

アラン・アレクサンダー・ミルン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001109139
ISBN 10 : 4001109131
フォーマット
出版社
発行年月
1983年02月
日本
追加情報
:
21cm,35p

内容詳細

ウサギは、はねっかえりのトラーをこらしめようと、コブタたちと相談して、霧の中でまいごにしてやることに決め、みんなで出かける。ところが、霧がどんどん濃くなってきて…。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kazu_tea さん

    トラーの跳ねっかえりを何とかするためにウサギが画策し、プーとこぶたも一緒に実行するのですが、はたして上手くいくのでしょうか・・・。オチが分かった時に息子が愉快そうに笑っていました。

  • AiN さん

    プー、コブタ、ウサギ。トラー。カンガ、ルー。クリストファー・ロビン。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アラン・アレクサンダー・ミルン

1882‐1956。ロンドンに生れ、風刺雑誌『パンチ』の副主筆として軽妙な随筆を書く。第一次世界大戦に従軍後、執筆活動に入る。随筆、戯曲を多く発表していたが、息子クリストファー・ロビン・ミルンのために作った童謡集『クリストファー・ロビンの歌』(1924)が好評を博す。続いて『クマのプーさん』(’26

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品