アネッテ・カスト・ツァーン

人物・団体ページへ

赤ちゃんがすやすやネンネする魔法の習慣 ママも子どもも安眠できる!

アネッテ・カスト・ツァーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784569632193
ISBN 10 : 456963219X
フォーマット
出版社
発行年月
2003年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,223p

内容詳細

夜泣きする子、何度も起きる子、すぐ寝てくれない子のパパ・ママに朗報。6カ月を過ぎた子どもなら、親が少しだけ行動を変えることで朝までグッスリ眠ってくれる。そのポイントを紹介するドイツのベストセラー。

【著者紹介】
アネッテ・カスト・ツァーン : 1956年生まれ。心理学士。問題行動をとる子どもたちの施設で治療士として働く。1991年に独立、親子問題解決を専門とする心理治療室を開設

ハルトムート・モルゲンロート : 1940年生まれ。医学博士。ドイツとアイルランドで医学を学んだ後、米国で小児科医に。卒業後、インドとタンザニアの診療所で小児科医として働いた。ドイツ帰国後数年間デュッセルドルフの病院の小児科部長を務め、1982年に独立して開業

古川まり : 1962年東京生まれ。ドイツ、マインツ大学でドイツ史、ドイツ文学、美術史を専攻後、銀行勤務。2児出産後、現在は経済・金融関係の文書を中心に、翻訳の仕事をしつつ育児に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Lwsika さん

    6ヶ月になる前に読んでみようと思っていたので、参考程度にパラパラ読んでみました。理屈は分かるけれど実践するとなると昨今の住宅事情じゃ無理がある気が。仮にこれから引っ越すメゾネットの住宅で実践したら隣から煩いと苦情が入るか児童虐待の疑いで通報されそうです。

  • さっきぃ さん

    最近夜中に頻繁に起き、日中もよく泣くようになってしまった次男の睡眠不足解消アンド自分の精神安定のために読み始めた。ねんねトレーニング。子供がこれでもかというくらい号泣するので辛い。これで本当にお互い楽しく過ごせるようになるといいな。とりあえず1週間続けてみよう。

  • ゆー さん

    自分にとって読んで良かったな〜って思ったのは、生後6ヶ月の赤ちゃんが学習する力があるというところ。夜の母乳はもういらない体になっているということも分かったので、全部一気にではなく、できそうなところから段階的にやっていこうと思う。

  • みき さん

    すごく親の気持ちに寄り添ってくれている文章なので、そうそう!って同意しながら読めました。実践するかは、もう少し他のネントレ本も読んでから検討します。泣かせっぱなしの放置ではない、というところが良いなと思いました。

  • michikobito(mirai_ic) さん

    昨夜が初日。3回起きたけどミルクなしでなんとか朝まで眠れた。二晩目の今日、早速ミルクなしで眠りについた。そろそろ哺乳瓶と夜泣きから卒業したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アネッテ・カスト・ツァーン

1956年生まれ。心理学士。実生活でも3人の子を持つ母親。問題行動をとる子どもたちの施設や児童心理学の現場で働く。1991年より、母と子の関係を修復する治療士として活動を始める。1995年、夜泣きに悩んでいる親のために『どんな子どもでも眠れる』(未邦訳)を出版、その後、シリーズで3冊出版され、ドイツ

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品