この商品の関連特集

DVD

動物農場

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VWDZ8732
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD
コピーライト
:
(C)RD DR 1954(renewed 1982)
その他
:
2008

商品説明

世界各国の優れたアニメーション作品を紹介する“三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー”の記念すべき10作目となるのは、イギリス初の長編アニメーションといわれる『動物農場』。

1940〜70年代にかけてヨーロッパで最も強い影響力をもったアニメーションスタジオ「ハラス&バチュラー・カートゥーン・フィルムス」の作品で、古き良きヨーロッパのアート感覚や乱暴なまでのグロテスクさで描き出される動物たちの心理描写、擬人化された動きや表情など、伝説の“ハラス&バチュラー”の知られざる魅力が詰まった作品です!

内容詳細

残忍で無能な農場主に虐げられてきた動物たちは、2匹の有能な豚スノーボールとナポレオンをリーダーとして革命を起こす。「すべての動物は平等である」という理想を掲げ、人間を追放し、自ら農場経営に乗り出す。順調に滑り出したかに見えた「動物農場」だったが、幸せな日々は数ヶ月しか続かなかった・・・。動物の為の戒律を作ったり、教育や風車建設の計画をすすめるスノーボールのことがナポレオンは気に食わなかった。そして秘密裏に訓練した大型犬を駆り立てて、スノーボールを追放してしまう。宣伝役の豚スクィーラーと側近の犬たちを従えたナポレオンは、やがて動物農場のすべての決定を下すようになる。豚たちが他の動物を監督し、農場主の家で寝起きし、しまいには外部の人間たちとの取引を始め、これに反対する動物があれば、犬たちを使って素早く弾圧した。豚たちの支配のもと、動物たちの生活は以前より悪いものになっていた。納屋の壁に書かれた戒律は、いつの間にか次のように書き換えられていた。
“すべての動物は平等である。しかしある動物はもっと平等である”
豚たちは、いまやかつての人間たちとなんら変わらない存在になってしまったのだ。動物たちは、再び静かに集結し、豚の住む小屋へと進んだ。ナポレオンの肖像画は粉々に砕かれ、新たな革命の時が刻一刻と迫っていた。

【特典】
映像特典
■ハラス&バチュラー短編作品
-「オートマニア2000」
-「マジック・キャンバス」
-「シンフォニー・オーケストラ」(「ホフナング・シリーズ」より)
■「動物農場」制作者たちの舞台裏
■音声解説 −ブライアン・シブリー(アニメーション研究家)−
■予告編集

ジョージ・オーウェルが共産主義への批判を込めて書き上げた同名小説を、“アート・アニメの礎”ハラス&バチュラーが長編アニメ化。動物農場を舞台にした革命の物語をとおして、権力構造への警鐘を打ち鳴らす。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

アニメ に関連する商品情報

おすすめの商品