きれいな絵なんかなかった こどもの日々、戦争の日々 ポプラ・ウイング・ブックス

アニタ・ローベル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784591074237
ISBN 10 : 4591074234
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,323p

内容詳細

世界中で愛されている絵本作家である著者が、ホロコーストを生きぬいた大戦下の子ども時代を、鮮やかによみがえらせて綴った心の記憶。生きる意味を問いかける感動の1冊。全米図書館協会YA部門最優秀賞受賞作。

【著者紹介】
アニタ・ローベル : 1934年、ポーランド、クラクフのユダヤ人家庭に生まれる。5歳のときに第二次世界大戦が始まり、ナチスの迫害を逃れて、ばあやと弟とともに逃亡生活を送るが、10歳で捕らえられる。姉弟ともに強制収容所で生きのび、戦後スウェーデンの療養所に送られる。その後両親と再会し、17歳のときにアメリカ合衆国へ移住する。プラット・インスティテュートで美術を学び、テキスタイルデザイナーを経て、絵本の仕事を始める。他に『ABCのおかいもの』(コルデコット賞次席)など数多くの美しい絵本を発表している。ニューヨーク在住

小島希里 : 1959年、東京に生まれる。翻訳家。『ねこのジンジャー』(産経児童出版文化賞)などの訳書がある。東京都在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんちゃん さん

    まず、アニタ・ローベルさんがユダヤ人としてポーランドで子ども時代を過ごしていたということからびっくりでした。比較をすればユダヤ人の中では、いろいろなところで恵まれていたのかもしれませんが、それでも10歳の少女がくぐり抜けた戦禍は想像を絶するものです。戦後の両親との再会までを含めて、彼女の感じたことが、飾ることなくストレートに語られ、正直なところ不快に感じる部分もありましたが、長い年月を経て「闇に葬り去ってはいけない」と、記憶を掘りおこした彼女のその思いを私たちもまたストレートに受け止めるべきなのでしょう。

  • ぼんくら さん

    【アンネとお茶を】絵本作家のアニタ・ローベルはポーランド生まれのユダヤ人だった。5歳から11歳の間、ナチスから逃げ、カトリックのばあやの庇護のもと田舎や修道院で隠れて暮らし、つかまって弟と二人で収容所に送られてからの日々が綴られる。ばあやに守られて、ばあやが必ず助けてくれると信じて生きのびた幼い姉弟。当時の感情そのままを少女の視点から書いている。

  • シュシュ さん

    ポーランドに住んでいたユダヤ人のアニタ・ローベルは10才のときに、8才の弟と二人で強制収容所に入った。その前後の頃のことが書かれている。二人が生きのびられたのは、ばあやの力が大きい。ばあやはキリスト教徒でユダヤ人に対して嫌悪感を持っているにも関わらず、アニタたちをとてもかわいがってくれた。アニタたちが強制収容所に入った後も、遠くから力を尽くしてくれたばあや。『差別』がある社会の中でも、個人個人は、複雑で多様で豊かな情を持っている。改めてアニタが挿絵を描いた『アンナの赤いオーバー』を開き、感慨にひたった。

  • kazu_tea さん

    アーノルド・ローベルさんの奥さまであるアニタ・ローベルさんの幼い頃の戦争体験を綴った本。ユダヤ人であることから迫害を受け、ナチ占領下のポーランドで各地を転々とする逃亡生活が始まったのがアニタさん5歳、弟さん3歳の時。我が子のように慈しみ必死に守ってくれた"ばあや"の存在が大きいのですが、そんな"ばあや"からも引き離され10歳の時に強制収容所に連行される。人間性を奪われ恐怖心を上回る空腹、かさかさの皮膚につつまれた"かたまり"でしかなくなったという収容所体験が、子供の頃の目線でありのままに語られている。

  • 椿子 さん

    「アンナの赤いオーバー」は、昔持っていて、読んだことがあったのだけれど、あの絵本の絵を描いた人が、こんな体験をしていたなんて全然知らなかった。ナチスの手を逃れて、逃亡生活を送る毎日が、とても細かく子どもの目線から書かれている。彼女たちを助けてくれる、ばあやが強烈なキャラクター。カトリック教徒なので、「ユダヤ人め!」と言いながら、愛を注いでくれるという、矛盾した存在なのだけれど、胸が熱くなる人物であった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アニタ・ローベル

1934年ポーランドのクラクフに生まれる。10歳のとき、ナチスの侵攻により、強制収容所に送られるが、1945年に救出される。1952年、家族とともに渡米。のちにアーノルド・ローベルと結婚し、絵本の世界へ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品