アナトール・フランス

人物・団体ページへ

舞姫タイス

アナトール・フランス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042029014
ISBN 10 : 4042029019
フォーマット
出版社
発行年月
1989年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
岡野馨 ,  
追加情報
:
216p;15X11

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tekesuta さん

    あまり真面目な人を笑ってはいかんのだが、異教徒に噛み付くパフニュス、あるいはニシアスに嫉妬(しかも本人自覚なし)するパフニュスが面白すぎる。話の筋だけ追えばなかなかの悲劇だろうと思うが、喜劇にしかみえん。

  • ヒイラギ さん

    古本屋で角川リバイバルが沢山あったので嬉しくて買ってしまった最初からわりと好きなんだろ、と思わせる言動のパフニュス。聖人に祭り上げられたり、確かに少し調子乗ってるふうだけど、どうなんだろう。この挫折で一回り大きくなれたらいいですね?ってことかな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アナトール・フランス

1844年、パリで生まれる。コレージュ・スタニスラスで学ぶ。高踏派詩人として出発し、1873年、第一詩集『黄金詩集』を発表。その後小説と評論に転じてフランス文学界を代表する作家となる。反教権主義の立場からカトリシスム批判を展開、その関心は社会問題へも向かい、ドレフュス事件(1894)ではドレフュス擁

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品