アッテルベリ(1887-1974)

アッテルベリ(1887-1974)

アッテルベリ(1887-1974) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

クット・アッテルベリKurt Magnus Atterberg, 1887年12月12日 - 1974年2月15日)は、スウェーデンの作曲家。(名はクルト、姓はアッテベルイとも書かれる。)チェロ奏者、音楽評論家としても活躍したが、職業的作曲家ではなく、ストックホルムの特許局の職員として大半を過ごした。

9曲の交響曲、5...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

商品ユーザーレビュー

22件

すべてのユーザーレビューを見る(22件)

  • マイナー交響曲好きにとっては、なかなかにメジャーな...

    投稿日:2018/07/01

    マイナー交響曲好きにとっては、なかなかにメジャーな曲ではあるのですが(なんちゅう日本語や!)、先行のディスク(EhrlingやRasilainenのディスク)はとっつき易いメロディ、曲自体の流れを優先するあまり、ハリウッドのサントラか、大河のテーマ曲みたいになっていました。それはそれでいいんですが、でも、Yarvi父のこの演奏は、この曲が持つ不協和音すれすれを狙ってるとしか思えない管弦楽の響きをあぶりだして、作曲年代に見合った交響曲であることを認識させてくれます。全集の他の曲もそうなのですが、ポピュラリティよりも曲の実相を認識させる方向に進んでいるのはいいことだと思います。氏の他のアッテルベリのナンバーは、突進驀走系の名演ですが、この3番はゆったりしています。最終楽章の盛り上げは「これでもか」という感じで気に入っています。いずれにしても、この愛すべき交響曲を、好事家が「こんなんあるで」という佳曲としてではなく、感動的な名曲として演奏してくれているので、☆5つです。

    ぴたすみん さん |50代

    0
  • リリースの間隔が少しあいていたので全曲録音は立ち消...

    投稿日:2015/05/06

    リリースの間隔が少しあいていたので全曲録音は立ち消えかと思い始めてましたが、今回のリリース望みが繋がりました。CPOレーベルの物は全曲持ってますが、金管の肥大気味の録音はどうしても気になってしまいます。本シリーズも残すは3番と7番、そして合唱付きの9番です。9番はライブ録音になるのでしょうか。今後が楽しみです。

    kura-ota さん

    0
  • ネーメのアッテルベリ、どんな感じなのかと思い、まず...

    投稿日:2021/02/24

    ネーメのアッテルベリ、どんな感じなのかと思い、まず初めに交響曲第6番の入っているこちらを、聴いてみました。 驚かされたのは、その録音の良さ。 勿論、演奏が素晴らしくないと、こうはなりません。

    matto さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、アッテルベリ(1887-1974)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%