アストリッド・リンドグレーン

人物・団体ページへ

雪の森のリサベット

アストリッド・リンドグレーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198616366
ISBN 10 : 4198616361
フォーマット
出版社
発行年月
2003年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,53p

内容詳細

お姉ちゃんが熱を出したので、お手伝いさんと買いものに出かけたリサベット。ところが、外で待っていたリサベットは知らない人のそりに乗ってしまい…。子どもの気持ちを丁寧に描き出した、心温まる姉妹の物語。

【著者紹介】
アストリッド・リンドグレーン : 1907〜2002年スウェーデンを代表する児童文学作家。1944年から創作をはじめ、児童書の編集者として働きながら、数多く作品を書いた

イロン・ヴィークランド : 1930年エストニア生まれ。1944年難民としてスウェーデンに渡る。ストックホルムで美術の高等教育を受ける。1954年「ミオよわたしのミオ」の挿絵でアストリッド・リンドクレーンと一緒に仕事をはじめる。以後リンドグレーン作品のほとんどにおいて絵を手がける。1969年エルサ・ベスコフ賞を受けたことをはじめ、受賞多数

石井登志子 : 1944年生まれ。同志社大学卒業。スウェーデンのルンド大学でスウェーデン語を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • lovemys さん

    短い冒険だけれどドキドキしましたー。リサベットのような気持ちになってしまうのも理解できるし、妹がいなくなったんだから楽しもう!と思っても楽しめないお姉ちゃんの気持ちも分かるし〜(笑)なんだか、いじらしい姉妹で微笑ましかったです。絵がとても素敵で、ジーッと見入ってしまいます。兄(小2)が読んでましたが、もう女の子の話に共感できないらしく…。男子とは話しが合わずに寂しい(涙)クッキー作ったり、一緒に寝たり、姉妹ならではの微笑ましさで、うっとりとしました〜。少年物語ばかり読んでいるので、久しぶりの感覚でした♪

  • ペパミン さん

    おもしろ荘シリーズに出てくる子どもたちらしいです。うんまぁ、やっぱこの人の本は憂い漂う作風の方が好みかなぁ。自分は。

  • Konane さん

    好奇心を抑えられないリサベットがとっても怖い体験をしちゃいます。姉妹のやりとりもかわいい!読んだ後に姉妹の表紙の絵をみると、ほっこりさはます。

  • 水色さくら さん

    ◎/絵がきれいだなあ。話の雰囲気に合ってる。

  • 遠い日 さん

    元気なリサベットが、なにやら大変な目に遭うらしい……。帯の言葉から、一体何が起こるのか?と気持ちが逸る。楽しみでたまらないクリスマスの準備のため、買い物に町へ連れて行ってもらったのに、ふとした行動でどんどん大変な展開に……。たくさんのヴィークランドによる挿絵が、リサベットの孤独や恐怖を訴えかけてくる。大好きなリンドグレーン。子供の乱反射するような心を、ぜんぶすくい取って描く作家だ。クリスマスという季節の特別な雰囲気と、物語の最初と、事件が起こったあたり、どれも“雪”が効果的な役割を担っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アストリッド・リンドグレーン

1907年‐2002年。スウェーデンに生まれる。1944年『ブリット‐マリはただいま幸せ』(徳間書店)で、出版社主催の少女小説コンテストの二等賞を得て、デビュー。以後、児童書の編集者として働きながら数多くの作品を発表しつづけた。1958年には国際アンデルセン賞を受賞。「長くつ下のピッピ」「やかまし村

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品