アストリッド・リンドグレーン

人物・団体ページへ

名探偵カッレとスパイ団

アストリッド・リンドグレーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784001130539
ISBN 10 : 400113053X
フォーマット
出版社
発行年月
1989年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
尾崎義 ,  
追加情報
:
284p;18

内容詳細

白バラ赤バラ戦争を続行中の名探偵カッレくんたちは、5歳の少年ラスムスの誘かい事件にまきこまれる。ラスムスの父の発明をスパイ団がねらっていたのだ。カッレくん、またまた大活躍。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ピコ さん

    幼いラスムスの登場で、三人組が大人に近づいてしまった様に感じた。これでシリーズも終わりだし、何だか寂しかった記憶がある。挿絵も変わったしね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アストリッド・リンドグレーン

1907‐2002。スウェーデンのスモーランド地方生まれ。1945年に刊行された『長くつ下のピッピ』で子どもたちの心をつかむ。その後、児童書の編集者を続けながら数多くの作品を生み出した。その作品は全世界100か国以上で読み継がれている。没年、スウェーデン政府はその功績を記念して、「アストリッド・リン

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品