アストリッド・リンドグレーン

人物・団体ページへ

よろこびの木

アストリッド・リンドグレーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198613044
ISBN 10 : 4198613044
フォーマット
出版社
発行年月
2001年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,1冊

内容詳細

ある日、物乞いで訪れた先で美しい言葉を聞き、辛い尽くしの中になぐさめを見出していたマーリンでしたが、やがて言葉だけでは心満たされなくなって…。魂がゆさぶられるほど繊細で美しい絵本。

【著者紹介】
アストリッド・リンドグレーン : 1907年生まれ。1944年から創作を始め、児童書の編集者として働きながら数多くの作品を書いてきた。「長くつ下のピッピ」シリーズ(岩波書店ほか)、「やかまし村の子どもたち」や「名探偵カッレくん」(岩波書店)のシリーズなど、世界中で愛されている数々の物語を生みだし、「子どもの本の女王」と呼ばれている。ここ数年は毎年ノーベル文学賞の候補にもなっている

スヴェン・オットー・S : 1916年、コペンハーゲン生まれ。デンマークを代表する絵本作家・イラストレーター。1978年に国際アンデルセン賞画家賞を受賞。アンデルセン童話やグリム童話などに絵を寄せる仕事のほか、創作絵本も発表している。日本でも「ころころパンケーキ」(偕成社)、「みにくいあひるの子」(ほるぷ出版)、「マッチ売りの少女」(童話館出版)、「おおかみと七ひきの子やぎ」「ブレーメンの楽隊」(評論社)など多数の作品が紹介されている

石井登志子 : 1944年生まれ。同志社大学卒業。スウェーデンのルンド大学でスウェーデン語を学ぶ。訳書に「おもしろ荘の子どもたち」(岩波書店)、「筋ジストロフィーとたたかうステファン」(偕成社)、「おりこうなアニカ」(福音館書店)、「オスカルとポプラ通りのひみつ」「歌う木にさそわれて」「夕あかりの国」「しりたがりやのちいさな魚のお話」(徳間書店)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    「わたしの菩提樹がしらべをかなで、わたしのナイチンゲールはうたう」という言葉を支えに、両親を失ったマリーンが生きていくお話。マリーンが生活することになったまずしい人たちの小屋の描写が印象的。まずしい人たちの小屋とは、年をとって、心や体が弱った人たちが生活する窮屈な小屋。最初は嫌がっていたマリーンは、そういったお年寄りたちを、元気にしようと頑張る。物語の最後で、マリーンは自分の願いをかなえるために、身を捧げる。このラストは読む人に忘れがたい印象を残す。(続く)

  • tokotoko さん

    のちに、「長くつ下のピッピ」や、私の大好きな「ロッタちゃんシリーズ」を次々と生み出されたリンドグレーンさんの初期の作品です。多くの人達が貧しかった頃のスウェーデンを、ただまっすぐに見つめて書かれた作品のように思います。表紙の女の子がマーリンです。両親とも胸の病気で亡くなり、村に一軒ずつある「まずしい人達の小屋」で暮らしていこうと、まさに入っていくところです。そこでは、どんな生活が待っていたのでしょうか?マーリンを支えてくれたものは何だったでしょうか?「喜び」を表から裏からしっかりと描ききった1冊です。

  • mntmt さん

    言葉が美しいと初めて感じたときのマーリンの表情が美しい。美しい言葉は、心を満たす…

  • tiny-candy さん

    (図書館本)結末にビックリ。「えーーーーー!」と最後二度読みしました。

  • timeturner さん

    福祉国家として知られるスウェーデンも昔はこうだったのか!と驚いた。でも、老人だけ、子どもだけという環境よりはましなのかな。いずれにしてもかなり悲しい結末で、子どもに読み聞かせるのはどうなのかなという気もした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アストリッド・リンドグレーン

1907‐2002。スウェーデンのスモーランド地方生まれ。1945年に刊行された『長くつ下のピッピ』で子どもたちの心をつかむ。その後、児童書の編集者を続けながら数多くの作品を生み出した。没年、スウェーデン政府はその功績を記念して、「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を設立。2005年には、原稿

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品