アサヒグラフ編集部

人物・団体ページへ

わが家の夕めし

アサヒグラフ編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022603760
ISBN 10 : 4022603763
フォーマット
出版社
発行年月
1986年06月
日本
追加情報
:
214p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ばう さん

    ★★★★この本は手元に置いておきたいなぁ。でももう絶版になってるみたいで(涙)これは紛う事なき昭和の食卓。子供の頃を思い出し、何だかとっても懐かしい。登場するのは本当に錚々たる面々です。宗教家の方、芸能人、政治家、作家、スポーツ選手、兎に角凄い人達ばかりなんです。雑誌の撮影ということで普段よりはよそゆきの料理なり、表情なのだろうけれど、それでも家族や親しい友人と一緒のご飯だから素の顔が見えるようです。筒井康隆氏のご長男のやんちゃぶりがハンパない!ムツゴロウさんの食卓には何とクマも!是非図書館で借りてみて。

  • なこ さん

    著名人の夕食を撮った写真+インタビューで構成される本。食卓も普段通りのもあれば気張って張り込んだものもある。個人的にはしょっつる鍋を食卓にのぼらせた金子信雄さんが好印象。鍋の〆にまで言及していて、食いしん坊なんだなと思わされる。

  • トライ さん

    有名人の夕めし写真集。昭和40年代中盤から50年代前半あたりだけど、そんなに今と変わらないものを食べている気が。写真撮るということで、はった部分もあるんだろうけど。有名人の人選がアントニオ猪木、佐伯達夫、植村直己、小西得郎に唐十郎(幼い大鶴義丹が写ってる)、ムツゴロウさんとクマのどんべえ、林家三平、市川房枝、荒畑寒村、物集高量、池田大作まで多種多彩。何より印象に残ったのは猪木と写ってる倍賞美津子がなんかエロイってとこでした。

  • ジョン・テンダ さん

    著名人の晩飯風景の写真集だが、人選が微妙に濃く池田大作が家族で焼肉を食べてるシーンだけで見る価値があった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品