アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

青列車の秘密

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150700645
ISBN 10 : 4150700648
フォーマット
出版社
発行年月
1982年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
366p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 朱音 さん

    クリスティーは大概読んでいたと思っていたが未読だった。初期の作品で、ポアロ物。ちょっぴりうれしいのは「セント・メアリー・ミード」村が出てくること。…ミス・マープルはでないんだけど。雰囲気は伝わってくる。

  • みい⇔みさまる@ずっとまるの姉 さん

    ☆×4.0…人間の「意地汚さ」がある意味テーマかもしれません。何しろ殺された人物が大金持ちの娘なのだからただじゃ終わりません。犯人は一応女史の作品では珍しい形式を取っていますし、見事に構成で欺かれるので推測は困難でしょう。お、と思う人が来ようとも喜んではいけませんよ。しかし、ポアロはある意味最後は用意周到でしたなぁ。

  • YuiGaDokuSon さん

    そっちに来たか。。。という感じでいい意味で裏切られた。セント・メアリー・ミードが出てきますが、マープルよりこちらが先なのですね。

  • Jimmy さん

    ジュブナイルで子供の頃に読み、イマイチ、の感想だけ記憶に残っていましたが、再読してなかなかどうして。犯人は途中で微妙に当てられましたが、なぜ被害者が顔をつぶされていたか?の答えがなかなかです。無理がありません。この作品で気が付きましたがクリスティは“犯人が××な設定”っていう手が実に上手いです。クリスティの中ではそんなに注目されていない作品ですが、実は大傑作かもしれないなぁ、この作品!

  • みょっとん さん

    少し読み直し、伏線が張り巡らされていることに気付いた。同情を誘うタイプの犯人ではないけれど不完全さが嫌いじゃなかったり

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

1890‐1976。イギリス生まれの推理作家。1920年に30歳で作家デビューし85歳で亡くなるまで、長編小説66作、中短編小説156作、戯曲15作などを発表した。『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などは世界的ベストセラーになり、「ミステリーの女

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品