アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

蒼ざめた馬 ハヤカワ・ミステリ文庫

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150700478
ISBN 10 : 4150700478
フォーマット
出版社
発行年月
1979年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
335p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ごへいもち さん

    再読ではなくドラマを視聴。なんて無防備な素人探偵たち。

  • mm さん

    リゾートホテルのテラスでアイスティーをカラカラいわせながら、ミステリーを読む夏休み。憧れですが、上記設定で今の所実際に使えるのは、アイスティーとミステリー部分だけ。でも、楽しめました。設定はちょっと古くさい感じですか、事件の謎に迫るキャラクターが本当に生きているみたいに感じられます。イギリスをよく知ってる訳ではないけど、イギリスっぽい雰囲気もよかった。ミステリーって読んでるときは、こんなに楽しいのに、なんでしばらくすると内容を忘れちゃうのかな?

  • アルクシ・ガイ さん

    タイトルに惹かれて、何度も読み返しています。探偵役が弱いのが欠点。これこそ、ポアロかマープルの出番だろうに。

  • アルクシ・ガイ さん

    これの犯人みたいなタイプの男って、現代のネットにはざらにいますよね。

  • 小花 さん

    ・20021124

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

1890‐1976。イギリス生まれの推理作家。1920年に30歳で作家デビューし85歳で亡くなるまで、長編小説66作、中短編小説156作、戯曲15作などを発表した。『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などは世界的ベストセラーになり、「ミステリーの女

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品