アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

殺人は容易だ ハヤカワ・ミステリ文庫

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150700430
ISBN 10 : 4150700435
フォーマット
出版社
発行年月
1978年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
348p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • とぶとり さん

    冒頭の導入には強く惹きつけられたが、調査が始まるとクリスティにしては凡庸な展開。特にロマンスの部分に説得力がないかと。

  • ♠利用停止♠ナイスご無用。詳しくは自己紹介欄で さん

    ドクター・ハンブルビーの名前は‘Fiddle-de-dee, fiddle-de-dee, The fly shall marry the humble-bee.…’より。「肉屋、パン屋、ろうそく屋…」は‘Rub-a-dub-dub, Three men in a tub,…’より。フェル博士は‘I do not like thee, Doctor Fell,…’の詩句より。

  • あず さん

    バトル警視、出番がわずかでちょっと寂しい。もう少し活躍するかと思っていました(;;)

  • みい⇔みさまる@ずっとまるの姉 さん

    ☆×4.5…読みました。怖いです、犯人は「イカレテイマス」間違いなく。今回の作品は犯人は珍しく解決前に尻尾を出してしまうのでちょっと楽しめないかも。しかしながらまぁ「些細なこと」をまぁいいやで済まさないとこんな風になるのですね。読み終わった後に後ろを振り向きたくなる作品です。恐ろしい…

  • あず さん

    久しぶりのクリスティ。田舎が舞台のミステリ物は閉鎖された空間ではないけれどなんだかドキドキする。恋愛模様は急展開すぎる気もしないでもないけれど楽しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

1890‐1976。イギリス生まれの推理作家。1920年に30歳で作家デビューし85歳で亡くなるまで、長編小説66作、中短編小説156作、戯曲15作などを発表した。『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などは世界的ベストセラーになり、「ミステリーの女

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品