アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

ホロー荘の殺人 ハヤカワ・ミステリ文庫

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784150700287
ISBN 10 : 4150700281
フォーマット
出版社
発行年月
1977年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
373p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たかなし さん

    ポアロさんってことで読んだ。今回は人間の感情が軸。なんかラストの余韻がもう読み終わって5時間ちかくたったのにまだ残ってる…。好きです。ところで、これの登場人物の紹介雑すぎやしませんか。

  • Keisuke Watanabe さん

    初めて読んだアガサ・クリスティー。読解力がないのか、内容が簡単なのか、どうも心に響くという感じではなかった。翻訳者の後書きみたいな所を読むと、この作品は彼女の作品の中でも文学的質が高く、どちらかというと、彼女の作品の中では主流ではないようなので、また別の作品も読んでみたい。

  • barcarola さん

    何度目かの再読。クリスティー自身は本作をポアロものにしたことは失敗だったと言っているようだが、だんだんとそれがわかるような気がしてきた。倒れているジョンの脇にガーダが立っているシーンは実に印象的である。

  • dobochon さん

    中学のとき以来の再読。読んだはずなのに全然覚えてませんでした。しかし味わい深くて、私はミステリにはトリックや推理する過程より、人間関係の描写を求めてるんだなあと思いました。ヘンリエッタの悲しみは分かち合える人がおらず、孤独だ。

  • siro さん

    本作は最後まで犯人は分からなかった、最後の謎解きをみて納得。しかしポアロの存在感がすごく薄いと感じる、いつどうやって謎解きしたのかは謎。少し読みにくかったのは古いからかな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

1890‐1976。イギリス生まれの推理作家。1920年に30歳で作家デビューし85歳で亡くなるまで、長編小説66作、中短編小説156作、戯曲15作などを発表した。『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』『ABC殺人事件』『そして誰もいなくなった』などは世界的ベストセラーになり、「ミステリーの女

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品