アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

オリエント急行殺人事件 偕成社文庫

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036520404
ISBN 10 : 4036520407
フォーマット
出版社
発行年月
1995年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,422p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • takaC さん

    この訳本は初めて読んだけど、物語のツボをきちんと押さえていてなかなか良いかも。だけどイラストはちよっと・・・

  • aya. さん

    『なんとも妙なコメディーが展開しています』完璧なアリバイ、気になる落とし物、目撃されたあやしい人。推理に行き詰まって、出来すぎな気がしますねと皮肉を言えば、ポアロはとても良い着眼点ですよと誉めてくれた。

  • いちのせ さん

    三谷幸喜氏脚本のスペシャルドラマを見ていたので内容自体は把握していたが、ネタバレなしで読むと登場人物を最大限に活用した人々の意表をついたトリックに、驚くこと間違えなし。本書に限っていえば、ふりがなが多く、逆に読みづらさを感じたが、本書が大人と子供両方に対応した書籍として作られていることを考慮するとそれも仕方がない。内容については、同じ登場人物でも名前がいくつもあり、整理しながら読むのが大変だったが、しっかり理解して読み進めばトリックを十二分に楽しめる。

  • Dr.strangelove さん

    三谷ドラマを前に駆け込み読書。ミステリ初心者こそ、この仕掛けを純粋に楽しめるはず。けれど擦れてしまった読者にもやはり読ませる魅力がある。クリスティのミステリは美しい教科書。巧妙な罠と共に物悲しい余韻が記されている。

  • ひこまる さん

    毎日の労働から逃れて上流階級になって殺人事件のないw優雅な鉄道旅してえ!被害者が鬼畜でどのような動機があろうが殺人はあくまでも犯罪。事件を鮮やかに解決した頭脳もさることながら、それによる苦悩や処置にポアロの優しい人柄を強く感じる大好きなミステリーの一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品