アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

牧師館の殺人 ミス・マープル最初の事件 偕成社文庫

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784036525201
ISBN 10 : 4036525204
フォーマット
出版社
発行年月
2005年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,428p

内容詳細

イギリスの静かな村、セント・メアリ・ミードで殺人事件が。しかも現場は牧師館。殺されたのは、村中からきらわれている退役大佐だった。誰もが犯人の可能性がある…。ミス・マープルの、記念すべき長編初登場作品。

【著者紹介】
アガサ・クリスティー : 1890年イギリスのデヴォンシャー州に生まれる。1920年最初の推理小説『スタイルズ荘の怪事件』出版。1926年『アクロイド殺人事件』を発表、ミステリー作家としての確固たる地位をきずく。1976年没

茅野美ど里 : 1954年東京に生まれる。上智大学外国語学部英語科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • けんぼう さん

    一番最初に読んだクリスティ作品。牧師の奥さんのキャラが好き。ポアロより、マープル作品が好きなのは、一番最初に読んだからかな

  • カタコッタ さん

    再読。子どもも読める偕成社文庫で読んだ。なかなか洒落た分かりやすい翻訳で面白かった。ミスマープルは私を裏切らないんです。

  • ひつじ さん

    突然アガサ・クリスティが読みたくなって図書館へ。児童書しかなかったのでとりあえずこれを。昔の記憶でマープルさんは素敵おば様のイメージだったんですが、噂好きだったのね。でも賢いや。

  • 六畳リエ さん

    ドラマでも有名なミス・マープルシリーズ最初の事件です。小さな村で起きた殺人事件を、お婆ちゃんが身近な物事に例えて解決します。人物名や職業、様々な習慣になじみがないため、途中でワケわからなくなって、人物一覧表を作りながら頭から読み返しました。容疑者だけで7人、何度も出てくる人物が20人以上、噂にのぼる名前も含めるとおよそ40人。それだけの人の言動が、最終的にはパズルのようにピタリとはまるのですから恐るべし。面白かったです。

  • Takehito Watanabe さん

    実は、先にジェラルディン・マクイーワン版を観た上での読了です。 子供向けだから、非常に読みやすい。次は火曜クラブを試してみます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

イギリスの作家。1890年生まれ。1920年に『スタイルズの怪事件』でデビューして以来、長編と短編集わせて100冊を超す作品を発表した。多くの作品が、古典的名作としての評価を確立している。71年には長年の功績により、大英帝国勲章(DBE)を授与された。76年没

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品