アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

ナイルに死す 下 クリスティー・ジュニア・ミステリ

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152089304
ISBN 10 : 415208930X
フォーマット
出版社
発行年月
2008年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,254p

内容詳細

ナイル川を航行する客船カルナク号の船上で、遂に起きた殺人事件。1発の弾丸が、リネットの命を奪った。乗り合わせていた名探偵エルキュール・ポアロの捜査が始まるが…。完全無欠のトリックにポアロの頭脳が挑む。

【著者紹介】
アガサ・クリスティー : 1890年イギリスのデヴォン州生まれ。1914年に結婚。1920年に長編『スタイルズ荘の怪事件』で作家デビュー。1928年に離婚した後、1930年には考古学者マックス・マローワンと結婚。100以上の長篇、短篇、戯曲、エッセイなどをのこし、1976年に死去。現在でもその作品は、世界中で愛読されている

佐藤耕士 : 1958年生まれ。上智大学文学部英文科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 頼ちゃん さん

    下巻は一気に読みました。面白かったです。犯人、これしかないって感じ。でもリネットはちょっとかわいそうな気がしてしまう。

  • Asako Wada さん

    アガサクリスティー実ははじめて読みました。翻訳ものって洋の東西を問わず登場人物の名前で一苦労。リネットの嫌な部分があまり描かれていないから殺されて可哀想って感じになってしまう。

  • tmkmiura さん

    コーネリアとファーガソン、お似合いだと思ったのになあ。いくら看護の才能あるといっても医者とくっつかなくてもいいじゃん…ていうのは現代の発想か。でもファーガソンはまた出てきそう

  • おとく さん

    犯人はなんとなく分かったものの、トリックの方法は手が込んでおり、トリックとポアロによるその証明の鮮やかさは読んでいて楽しかった。

  • anxi さん

    仕事

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

英国を代表するミステリー作家。1890‐1976年。イギリスのデボンシャー州生まれ。英国航空隊のクリスティ大佐と24歳で結婚。1920年に処女作『スタイルズ荘の怪事件』を発表。以来、85歳で生涯を閉じるまでに60もの長編のほか、148編の短編を執筆。多くの戯曲も手がけた(本データはこの書籍が刊行され

プロフィール詳細へ

アガサ・クリスティーに関連する商品情報

  • ドラマ『黒井戸殺し』ブルーレイ・DVD 9月19日発売 「原作・アガサ・クリスティー×脚本・三谷幸喜」夢のコラボ再び! 野村萬斎演じる名探偵・ポアロが帰ってくる! 映像化不可能とされた推理小説の金字塔を豪華キャストで実写化! HMV&BOOKS online|2018年6月22日(金)

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品