アガサ・クリスティー

人物・団体ページへ

アガサ=クリスティ短編傑作集 2 メンヘルラー王の怨霊ほか 講談社青い鳥文庫

アガサ・クリスティー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061485754
ISBN 10 : 406148575X
フォーマット
出版社
発行年月
2002年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
213p;17

内容詳細

ツタンカーメン王墳墓発見の後を追うように発掘された、メンヘルラー王の墓で、関係者4人が次々に怪死した…。表題作の他「二重の罪」「ベールをかけた貴婦人」など7話を収録した、短篇の名手クリスティの傑作。

【著者紹介】
アガサ・クリスティー : 1890年、イングランドのデボン州にある保養地トーキーで生まれる。多感な少女時代にコナン=ドイルの推理小説のファンになる。ドイルの影響を受けて、やがて20世紀を代表するミステリー作家になる。90をこえる作品をのこし、1976年、85歳で死去

花上かつみ : 1953年、東京都に生まれる。1976年慶応義塾大学文学部卒業。翻訳学校でメグレ警視シリーズの翻訳で知られる長島良三氏に師事し、1986年から、翻訳の仕事を開始する

高松啓二 : 1958年、兵庫県に生まれる。1981年東洋美術学校卒業。1987年にイラスト工房/ティー・ボーンステーキを設立。1992〜1994年に『小学五年生』の表紙イラストを連載。最近はペーパークラフトによる表現でも注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あや さん

    【図書館】 さすがに読みにくい(笑)でもこの表紙が好きなんだなぁ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アガサ・クリスティー

イギリスの作家。1890年生まれ。1920年に『スタイルズの怪事件』でデビューして以来、長編と短編集わせて100冊を超す作品を発表した。多くの作品が、古典的名作としての評価を確立している。71年には長年の功績により、大英帝国勲章(DBE)を授与された。76年没

プロフィール詳細へ

アガサ・クリスティーに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品