SACD 輸入盤

交響曲第1番、第2番 アンドルー・デイヴィス&メルボルン交響楽団

アイヴズ(1874-1954)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5152
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


アイヴズ:交響曲第1番、第2番
アンドルー・デイヴィス&メルボルン交響楽団


トロント交響楽団の音楽監督、BBC交響楽団の首席指揮者を歴任し、リリック・オペラ・オブ・シカゴの音楽監督、グラインドボーン音楽祭の音楽監督を担う傍ら、シャンドス・レーベルではイギリス音楽を中心とした数々のレコーディングを行い、英国音楽の名匠として活躍するアンドルー・デイヴィス。メルボルン交響楽団(MSO)は2013年からアンドルー・デイヴィスが首席指揮者を務めており、シャンドスからは3枚目となるデイヴィスとメルボルン響のコンビによるレコーディングでは、アメリカ現代音楽の先駆者、チャールズ・アイヴズのオーケストラル・ワークスがスタート!
 アイヴズがイェール大学在学中に、卒業制作として書いた『交響曲第1番』。20代の頃の作品でありながら、初演は1951年に行われた『交響曲第2番』。現在、エルガーの『ゲロンティアスの夢』(CHSA5140)が、BBCミュージック・マガジン・アウォードへのノミネートや、グラモフォン誌の「Critics' Choice」、サンデー・タイムズ紙の「Album of the Week」を獲得するなど、大フィーヴァー中のアンドルー・デイヴィス。新プロジェクトの「アイヴズ」にも一層の期待がかかります!(東京エムプラス)

【収録情報】
アイヴズ:
● 交響曲第1番
● 交響曲第2番 Op.19

 メルボルン交響楽団
 サー・アンドルー・デイヴィス(指揮)

 録音時期:2014年7月28-30日
 録音場所:オーストラリア、メルボルン、モナシュ大学、ロバート・ブラックウッド・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

収録曲   

  • 01. Allegro - Pi Moto - Meno Allegro - Largamente - Agitando
  • 02. Adagio Molto (Sostenuto) - Pi Moto - Animando Ed Accelerando - Allargando
  • 03. Scherzo. Vivace - Trio - D.C.
  • 04. Allegro Molto - Poco Pi Mosso - Allegro Molto Assai - Animando
  • 05. Andante Moderato
  • 06. Allegro - Meno Allegro - Pi Animando - Tempo I - Pi Animato
  • 07. Adago Cantabile - Animando - Andante - Allargando - Animando
  • 08. Lento Maestoso - Pi Andante
  • 09. Allegro Molto Vivace - Meno Allegro - Allegro Molto Vivace - Meno Allegro - Gradually Faster

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
久々に買ったアイヴズの交響曲。1番、2番と...

投稿日:2019/03/19 (火)

久々に買ったアイヴズの交響曲。1番、2番ともなんとも美しい演奏である。入門用としてはお勧めする。しかし、その美しさは時のよって弱点となる。具体的に例を挙げる。例えば第1番の1楽章は★5つ。クラリネットによる第1主題から瑞々しく美しい。テンポも快適。そして第2主題部のころころ調性を変える弦のフレーズ、木管による美しい旋律、古典音楽を思わせる高弦のフレーズ。滑らかに進行し、特に木管が美しい。展開部でまた木管が夢のような響きを出している。2・3楽章もお洒落に進む。しかし4楽章のコーダではオケの(録音)の薄さが目立ちトランペットによる頂点もなんの引っ掛かりもなく消化不良の状態で終わる。2番も同様で、第2楽章の中ほどではトロンボーンによる大切な旋律がさっぱり聞こえてこない。しかし、第5楽章では明滅するアメリカのフォークのメロディが懐かしく聞こえる。聞いていて楽しくなる。しかしコーダではまたオケの薄さがマイナスに作用する。これから買おうとする人には訳のわからない文章になってしまったが、たまたま多くの演奏を聴き比較対象があるから言えること。再度言うが入門用としては良いのではないかと思う。私としてのお勧めは1・2番はメータ・ロスフィル。3番はマリナー・アカデミー。4番は小澤・ボストン響と思うが、入手困難なものもあるのであくまで参考ということで。1つ注意したいのはメータの第1番の第4楽章では極端なカットがあること。色々つまらないことを述べてきたが、偏狭老人の好みを主張しただけで異論・反論は覚悟の上、無礼をお許し願いたい。最後にもう一回確認したいのは、アイヴズはとても親しみやすく美しい演奏なので、躊躇している方は是非一聴をお勧めする。私も同コンビの3・4番を購入してみたいと思っている。

のだめノビルメンテ さん | 新潟県 | 不明

1

アイヴズ(1874-1954)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品