アイリーン・ブラウン

人物・団体ページへ

ハンダのびっくりプレゼント

アイリーン・ブラウン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784895726511
ISBN 10 : 4895726517
フォーマット
出版社
発行年月
2006年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23×27cm,25p

内容詳細

ハンダは果物を7つ、かごに乗せた。友だちのアケヨにあげるのだ。「どの果物が一番好きかな」。ハンダは、かごを頭に乗せて歩きだしたが…。アフリカのケニアに住むルオ族の子どもたちをモデルにした絵本。

【著者紹介】
アイリーン・ブラウン : イギリスのバーミンガムに生まれる。ロンドンで20年以上、教師や青少年の育成にかかわる仕事をし、1977年に初めての絵本を発表する。学校を訪問し、自作の絵本を読んで聞かせる活動にも力を入れている。現在はウィルトシャー在住

福本友美子 : 慶応義塾大学卒業後、公共図書館勤務を経て、現在は児童書の研究、評論、翻訳、書誌作成などをする。立教大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メタボン さん

    ☆☆☆★ 果物が一つ一つ動物に食べられていって、最後に木の上からミカンがどっさり。結局一番好きな果物をプレゼントすることになったとさ。オチが楽しい絵本。

  • mntmt さん

    色とりどりのおいしいそうな果物。アフリカの動物。ほんとに、びっくりしたね!原題:Handa's Surprise

  • 水の国の雨巫女。 さん

    《図書館‐返却》頭にあんなにのせて重くないかなあと思ってたら、動物がとっていく。果物がなくなる…と思ったら、まさかのミラクル。

  • tiny-candy さん

    (図書館本)何故か「ハンダ」が「パンダ」に思えてしまうタイトルです。絵もとても魅力的で特に動物達が可愛らしい。ハンダにとってビックリなプレゼントですね。絵もお話も可愛い絵本。

  • たまきら さん

    アフリカを愛している娘ですから、基本アフリカのお話なら大ヒットです。主人公が女の子ならさらにヒット。というわけで、すごく気に入りました。やさしい女の子とこまった動物たち。おいしそうな果物が出てきて楽しい絵本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アイリーン・ブラウン

イギリスのバーミンガムに生まれる。ロンドンで20年以上、教師や青少年の育成にかかわる仕事をし、1977年に初めての絵本を発表する。文と絵の両方を手がけるが、『チックタック』(評論社)のように、他の画家と組んだ作品もある。学校を訪問し、自作の絵本を読んで聞かせる活動にも力を入れている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品