イソップ寓話集 クラシックイラストレーション版

アイソポス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784887500358
ISBN 10 : 4887500351
フォーマット
出版社
発行年月
2002年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29cm,87p

内容詳細

簡潔でユーモアのある中に深い教訓が織り込まれ、世界中で親しまれてきたイソップ寓話。本書は、過去150年間にイギリス、ヨーロッパ、アメリカで出版された多くの「イソップ寓話集」から挿絵と寓話を厳選した書。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ペイトン さん

    過去150年間に描かれたイソップ寓話の挿絵を集めた挿絵集です。 19世紀末から20世紀初頭の絵本黄金期と呼ばれる時代に描かれた挿絵がほとんどで新しい画家はエドワード・ボーデンひとりです。3世紀頃からイソップ寓話の挿絵は手書きのものがあったそうですから、それを思えばみな新しいのでしょうが…。 総勢28人の絵が堪能出来ます。絵の枚数は少ないので好きな画家を見つけて絵本を紐解いて見る楽しみもあります。

  • AN さん

    昔から慣れ親しんできたイソップ寓話が、素敵な絵とともに紹介されています。懐かしいなぁ。小さい頃絵本で読んだことのある話ばかりで、イソップ童話がどれほど子どもだった私たちに、色々なことを教えてくれたかが分かります。動物や自然の姿を借りて、面白楽しく、基礎的道徳を教えてくれていたんですね。図書館本でしたが、いつか手に入れたいくらい素敵な本でした。お気に入りの画家さんは、アーネスト・ヘンリー・グリセット

  • がんぞ さん

    絵は素晴らしいが。イソップといえば物語ってのち「“恩知らずの者には情けをかけてはならない”ということをこの話は示しています」というように教訓の一言があるのが味わい深いのだが、それが省略されている。ネズミがライオンの恩に報いて罠から助ける話(『ライオンと魔女』の元ネタか?)もあるが、たいていは裏切る。ライオンは君主の象徴で“獅子の分け前”を当然に独占する。狼が餌食をだましたりだまそうとする話が多い。海難事故でイルカの背に乗れた猿はヒトのふりをしようとして知ったかぶりで馬脚をあらわす、サルは嫌われているようだ

  • づめ さん

    読んだ。 いろんな本を読んでいると、何か小話の引用にぶつかりますよね。それがイソップ寓話なのか、それとも別のモノか、見分けられるようにしたいなと思い、に取ってみました。載っている話は少ないですが、挿絵が様々で楽しめるというお得感がありました。 #紙の書籍

  • 詠月 さん

    絵に引き込まれてしまい、うっとりしながら読了しました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品