ギリシア悲劇 1 ちくま文庫

アイスキュロス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480020116
ISBN 10 : 448002011X
フォーマット
出版社
発行年月
1985年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,483p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitu さん

    一年前のギリシア悲劇U「ソポクレス」に続き細切れで。ギリシア悲劇の解説はどちらも高津春繁先生ですが翻訳者は複数です。ギリシア語翻訳者への興味も覚える世界です。アイスキュロスはギリシアの三大悲劇詩人のなかでも最も古い人です。 アイスキュロスは真の意味でのアッティカ悲劇の建設者であったそうで、詩人であると同時に、自ら俳優として自作を演じ、音楽、舞踏の作者として合唱隊を教え、劇の技術的な面にも多くの改革を行ったらしく仮面、衣装(長袍)の発明者とも伝えられ、俳優の数を一人から二人に増加したそうです。⇒

  • 松本直哉 さん

    夫を殺したクリュタイムネストラと母を殺したオレステスといずれの罪が重いか?オレステスを擁護するアポローンが、母なんて子を産む機械のようなものだと自民党代議士みたいなことを言う。対するエリニュス(復讐の女神)は母殺しに勝る大罪はないと主張。投票の結果オレステス無罪の決定にエリニュスは怒り狂う。アテナのとりなしで怒りの矛を収めて行く終盤は無理やりな感じで説得力に欠ける。父権制の母権制に対する勝利にエリニュスは本当に納得したのだろうか? ギリシャ文明の、そして西欧の女性差別はここから始まったのだなと思う

  • em さん

    ホメロスの前後にまたがる七つの悲劇。イオ(ヘラクレスの祖)にまつわるもの、テーバイ、オレステイア三部作。戯曲は少々苦手なのに、圧倒的な迫力に引きずられる。所々に、古い神がゼウス以降の新しい神々によって懐柔され、従っていく過程が見られるのは興味深い。新しい神の論理では、子胤は男のもので、母親はただ身を貸すだけの仮宿。これにより母殺しは軽微な罪となる。面白いのは、古い神が最初この判定に反対し、新たな地位と引き換えに容認すること。母系から父権へ。神の世界もまた、平定した者の目線を介して私達は見ている。

  • kozy758 さん

    『アガメムノン』は再読である。やはり『オレステイア 三部作』がいい。三部作それぞれのテーマとその統一感、神慮が巧みでいい。『縛られたプロメテウス』もいい。2500年前に書かれた貴重な作品が読み継がれているのは人類の宝である。

  • individual さん

    縛られたプロメテウスのみの感想。登場人物で、「権力」がゼウスに頭が上がらない事・「暴力」が言葉を発しない事・「プロメテウス」が火を運んできたためにゼウスに罰せられる事・プロメテウスの側に寄り添っている「合唱隊(コロス)」が女性達である事・ゼウスの息子神でありその伝令である「ヘルメス」が若い青年の姿でプロメテウスの前に登場する事等は、示唆に富んでいて、隠喩に満ちていると思います。作品を読んで、「火を運んでくる者」は革命的な発明や事業を行った者を比喩で表現していると思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アイスキュロス

525B.C.〜456B.C.ギリシアの悲劇詩人。ソポクレス、エウリピデスとならんで三大悲劇詩人の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品