週末冒険者 カドカワBOOKS

るうせん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040724065
ISBN 10 : 4040724062
フォーマット
出版社
発行年月
2017年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
303p;19

内容詳細

残業なし休日出勤なしだけが取り柄の会社に就職した佐藤聡は、ある日ふと思い出した。「俺、前世は魔術師だった」今でも魔術が使えた彼は、良いことを思いつく。「老後の貯蓄のため前世の世界へ行こう。―週末だけ」こうして安全で飯も美味い日本で暮らしつつ、週末だけ冒険者となり稼ぎ始めた佐藤。だが、単独で行動し傷ひとつ負わず帰還する彼は凄腕魔術師として密かに噂になりつつあった。そんな時、ダンジョンに主級モンスターが出現し…!?

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 瀧ながれ さん

    会社員が、前世はけっこうな能力を持つ魔術師だったと思い出して、ためしてみたら魔術も使えたので、ちょっと前世の世界に移動して、老後のためのお金を稼ごうと思いました、週末だけの軽い副業。…うらやましい。この主人公のゆるさと、その強さに気づいていろんな事態に巻き込もうとする世間のせめぎあいが楽しい。このままどたばたと進むのかと思ってたら、最後でものすごく気になる人物を保護したところで終わって、続きが楽しみです。ふらふらゆらゆら歩いてるような主人公だけど、基本は優しくて頼られると無視できないのが好ましいですな。

  • へへろ〜本舗 さん

    現代日本に生きる薄給のリーマンが魔術師だった前世を思い出し、老後の資金のために週末だけ異世界に渡って色々稼いでくるという話。終わりの方で気になる人物が現れたんだけど、続くんだね

  • びゃく さん

    図書館

  • DTiGeR さん

    設定自体はあ悪くないんだが、「異世界物」の流れはあまりにもあきあきで反感が強いかも。

  • マタタビ さん

    すごく好き。 特別ハラハラもドキドキもしない、戦いもするしご飯も食べるけどとくにそれが見せ場なわけでもない、やる気のない主人公のゆるい雰囲気の話。このゆるさが好き。 平日は普通の社会人として働きつつ、週末は日帰りで異世界へ、という夢のある内容は読んでて楽しい。2巻も買う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品