N・p

よしもとばなな

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048726245
ISBN 10 : 4048726242
フォーマット
出版社
発行年月
1990年12月
日本
追加情報
:
235p;20X13

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はなすけ さん

    何十回目かの再読。初めて読んだ時から「薄くて黒い長い髪」「背がひょろっと高くて口が大きい」そして「大人の顔に生まれたての赤ん坊のような純度の高い瞳」を持つ萃のビジュアルがあまりにくっきり想像できて怖いほどだった。性別を問わず直感的に無条件に誰かを好きになってしまうということこそが「若さ」なのだろう。対人関係に於いて、めんどくさくなるのが分かってるのに好奇心に抗えず、変な距離感で濃くて生臭い付き合いに突入してしまう、という懐かしい感覚を読むたびにリアルに甦らせてくれる大好きな作品です。

  • myc0 さん

    初ばななさん。わ、こんなの初めて!と感じる不思議な感触の文章にやられた。ダメだ、この人好きになるわ(笑)村上春樹が好きならこれを読んでみて、とブックカフェの店長に勧められて入手し、吉本ばなな好きの知り合いができたのでその人ともっとお話したくて読んだ本。どうしようもなくても、親も人間、子も人間。色んな感情に揺さぶられながらも、「生きる」んだなぁと。ストーリーは上手く説明できない。ただ夏の日差しが素敵。言葉にできないけど引き込まれる。この本は、きっと手放さないと思う。あぁ、真夏にサイダーが飲みたい。

  • zanta さん

    意識しているのに、手が出せない。そんな作家がいる。この人もその一人。今回初めて読んでみたが。イメージ通りのような、もの足りないような。薄いのか濃いのか解らない人間関係。だけど、胸の中心を衝かれるような。決して状況に自分を投影できるわけではないのだが、誰もが抱える呪いということが身にしみる。風景や瞳の描写がすごいな、と感嘆する。

  • 星群 さん

    冒頭部分で、百物語の百話目を体験したとあったので、何が待ち受けているのだろうと、ドキドキしながら読んだ。待ち受けていたのは…近親者との愛…。読み終わったあと、嵐が去った海を想い浮かべた。

  • かず吉。 さん

    10年以上前、この本にすごくはまった時期があった。読むとすごく暗い気持ちになっちゃうんだけど、怖いものみたさのような気持ちで読んでたのかな。吉本ばななさんの本は、文章がいいなぁと思う。なにげない文章の中に、はっ!とするものがあったりする。偶然、部屋で見つけて読み返したけれど、夏の小説だったんですね。海辺でたき火しつつワインを飲むってなんだかいいなぁ。どうしようもない終わり方でなくてよかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

よしもとばなな

1964年、東京生まれ。詩人・思想家の吉本隆明の次女。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年「キッチン」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。88年「ムーンライト・シャドウ」で泉鏡花文学賞、89年『キッチン』『うたかた/サンクチュアリ』で芸術選奨文部大臣新人賞、同年『TUGUMI』で山本周五郎賞、95年『

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品