ゆうきまさみ 増補新版 KAWADEムック

ゆうきまさみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979823
ISBN 10 : 4309979823
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
272p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蜻蛉切 さん

    今回は増補版で、初版は2015年。 ゆうきまさみの熱烈なファンではなくて、3〜4作品程度しか読んでいない。 むしろ、自分は、この人のニュータイプでのエッセイが好きだった。 割と硬派なことを「柔らかい感じ」で書いた(オチをつけた?)あの感じが何とも好きである。 何というのか、この人っておそらくだけど、「こぶしを振り上げて」みたいな事が恥ずかしくて出来ない人なんじゃないかな。 自分も物事も凄く客観視できる人。(突き放す感じ?) そういう「照れ」みたいなものが「漫画」の端々にもあって、凄くほっとするのである。

  • ジロリン さん

    じつは「でぃすこみ」しか読んでいないゆうきまさみ。それでも名前だけはずっと前から知っているマンガ家なのだ。自分の中で「(一時の)吾妻ひでおみたいに<マニア受け>のネタが得意な<ヲタク>様好みのマンガ家」という認識だったが…まぁ、当たらずとも遠からず?「会社員をしながらパロディマンガを描いてたら、何となくプロになってた」というのはかなりユニークなデビューの仕方ではないか?その辺が、このマンガ家の立ち位置をユニークなものにしてる理由のひとつではないかな。

  • bluemint さん

    35周年の前回から僅か4年の増補新版40周年記念版。それでも50ページ以上の増量とあっては逃すわけにはいかない。インタビューと安彦さんとの対談が主な増補分。やっぱり好きだな、ゆうきまさみ。新連載も準備中とのことで楽しみだ。

  • あ さん

    旧版を発掘するのが億劫で、重ね買い。あの頃から白暮とでぃすこみが終わり、新九郎がまだこれから本番というタイミングで出さねばならなかったのは何故だろう?単純に重版にしたくなかったとかだろうか。相変わらすあーるくらいまでのエピソードが懐かしい。

  • hirokazu さん

    「たった4年で増補新版出すのかよ・・・でも安彦良和氏との対談は読んどきたい!」と思って買ったんだが・・・安彦氏との対談は2003年のもので、2005年に角川書店から出た「安彦良和対談集 アニメ・マンガ・戦争」に収録済のものだった・・・。ああ、先に中身見とくんだったよ・・・。がっくし。・・・ちなみに「ゆうきまさみ年譜」、1984〜1986年の火浦功作「スターライト」シリーズと、1992〜1995年の山本弘作「ギャラクシートリッパー美葉」シリーズのイラスト担当が抜けている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品