鎮魂「二・二六(にいにいろく)」 講談社文庫

もりたなるお著

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062634489
ISBN 10 : 4062634481
フォーマット
出版社
発行年月
1997年02月
日本
追加情報
:
297p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シュラフ さん

    1936.2.26の2.26事件がテーマ。昭和維新断行・尊皇討奸を掲げて青年将校らがおこしたクーデター未遂事件。憂国の志での決起ということであるが、壮士気どり、独善ぶりには共感できない。また、先読みの甘さ(決起すれば陸軍上層部もついてくる一方的期待感)にあきれる。天皇自らが「朕自ラ近衛師団ヲ率ヰテ、此レガ鎮定ニ当タラン」との強い意志表明は当然。事件の責任は黙認状態であった陸軍上層部にもあるが、処罰は青年将校のみ。無責任体質は太平洋戦争と同じ。太平洋戦争に至る道は2.26事件にあるように思える。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

もりたなるお著

昭和元年、東京生まれ。警察官、海軍従軍などを経て近藤日出造門下に。二科賞、二科漫画賞、小説現代新人賞、オール読物推理小説新人賞、新田次郎文学賞など受賞。『真贋の構図』などで直木賞候補に五度上る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品