狂言えほん ぶす 講談社の創作絵本

もとしたいづみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061323476
ISBN 10 : 4061323474
フォーマット
出版社
発行年月
2007年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,32p

内容詳細

昔、あるお屋敷に、主人と2人の家来がいた。ある日、主人は「この壺には「ぶす」という大変な毒が入っている。くれぐれも近寄らないように」と家来に言いつけて、出かけて行くが…。「狂言」の世界に出会える絵本。

【著者紹介】
もとしたいづみ : 出版社勤務を経て、子ども向けの作品を書きはじめる。おもな作品に『どうぶつゆうびん』(あべ弘士/絵、講談社、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞)などがある。翻訳、作詞、短歌など幅広い分野でも活躍する

ささめやゆき : 1943年、東京生まれ。版画、イラストレーション、装画、絵本の分野で多くの作品を発表している。講談社出版文化賞さし絵賞、小学館絵画賞、日本絵本賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kimi さん

    改めて読むと楽しい。処世術。^^

  • R子 さん

    (仕事用)小学校高学年向き。主人は、家来2人に壺に近寄っては駄目だと言う。そこには附子(ぶす)=毒があるからだそう。しかし2人は好奇心に勝てず壺を開けようとする...。毒にあてられないように扇子を使って少しずつ壺に近寄る様が可笑しい。ラストは家来の機転の良さに唸りました。狂言、観に行ってみたい!

  • 頼ちゃん さん

    お話は有名。自分の子供の頃教科書にのっていた。 今度読み聞かせしてみたい。

  • はむちゃん さん

    学校で先生が読んでくれた絵本です。「あおげ あおげ」「あおぐぞ あおぐぞ」2人の掛け声が面白かった♪

  • カナ さん

    小1のクラスで読み聞かせ。 「たっべてもたっべてもしなないよーっとくりゃ」のところで笑いが起こりました。楽しんでいただけてよかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

もとしたいづみ

1960年大分県生まれ。絵本・童話作家。編集者、ライターなどを経て子ども向け作品を書き始める。『どうぶつゆうびん』(あべ弘士・絵 講談社)で2005年に産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、『ふってきました』(石井聖岳・絵 講談社)で2007年に日本絵本賞、2008年に講談社出版文化賞絵本賞を受賞

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品