狂言えほん くさびら 講談社の創作絵本

もとしたいづみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784061323575
ISBN 10 : 4061323571
フォーマット
出版社
発行年月
2007年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
28cm,32p

内容詳細

家にキノコが生えてきて困った男が、山伏にまじないを頼みにいくと、山伏は「ぼろんぼろぼろんぼろ」とまじないを唱えた。しかし、キノコは消えるどころか増えるばかりで…。狂言をもとにした楽しい絵本。

【著者紹介】
もとしたいづみ : 出版社勤務を経て、子ども向けの作品を書きはじめる。おもな作品に『どうぶつゆうびん』(あべ弘士/絵、講談社、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞)などがある。翻訳、作詞、短歌など幅広い分野でも活躍するほか、日本の伝統芸能全般に高い関心をもち、落語、狂言などの公演に足しげく通う。また、無声映画の弁士のもとで活弁を学んでいる

竹内通雅 : 1957年、長野県生まれ。第3回ザ・チョイス年度賞大賞を受賞するなど、イラストレーターとして活躍した後、絵本作家に転身。子どもの心をとらえたインパクトある画風で、読み聞かせの場でも人気が高い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    この絵を見ていると笑ってしまいます。本当にきのこというのは絵になりますねえ。少しの時間できのこがどんどん増えていくさまは狂言ではどのようにしていくのでしょうね。色彩が豊かで見ているだけで楽しくなります。これも山伏を演じている野村萬斎の写真がついていました。見てみたい。

  • たまきら さん

    むかし夫が狂言のワークショップを受けたとき、これをやってました。きのこがかわいいのよね〜。オタマさんはキノコ好きなのでげらげら。オトンがやった狂言のDVD見せてあげないとなあ。

  • 魚京童! さん

    まじか!なんかほかのは解決したのに、これはほっぽりだしたぞ!

  • いろ さん

    プチ小3国語紹介本祭&秋のキノコ祭♪ 息子リクエストで。キノコ,狂言,面白そう♪ 評判山伏に庭のキノコ退治を依頼するが,増える増えるw 狂言を絵本にアレンジしたお話。元気いっぱいの絵も楽しい。男「抜いても抜いても生えて来る」人身大キノコ,抜くどころか,触れるだけでも勇気いるよw 顔もある増えるキノコに8歳男児も大ウケ。でも,解説ページ写真の野村萬斎さんに母(私)「中腰でキツそうなキノコ舞をEテレ「にほんごであそぼ」で観た♪」興奮気味に喜んだけど,息子は記憶なく無感動。残念^^; 最後は物足りなさが残る。

  • 遠い日 さん

    狂言絵本。評判というものの当てにならなさ。呪いがうまいと聞いていたから頼んだのに、なんという失態続き。どうにもならないところまで。どんどん事態を悪くしていってしまうおもしろみ。竹内通雅さんのダイナミックな絵が最高。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

もとしたいづみ

1960年大分県生まれ。絵本・童話作家。編集者、ライターなどを経て子ども向け作品を書き始める。『どうぶつゆうびん』(あべ弘士・絵 講談社)で2005年に産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、『ふってきました』(石井聖岳・絵 講談社)で2007年に日本絵本賞、2008年に講談社出版文化賞絵本賞を受賞

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品