あやかし帝の恋絵巻 異世界行ったら二分で寵姫!? 一迅社文庫アイリス

めぐみ和季

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784758046725
ISBN 10 : 4758046727
フォーマット
出版社
発行年月
2015年01月
日本
追加情報
:
284p;15

内容詳細

普通の女子高生の真桜は突然、妖たちがはびこる異世界に連れてこられ、暴君と名高い帝・夜白と結婚させられることになってしまう!真桜と幼い頃に出会って約束をしたらしい夜白は、猟奇的なくどき文句で彼女のことを溺愛してくるけれど、「あたしは家に帰りたいの!」帰るためには返還の力を持つ夜白を更生する以外ないと、家臣たちに言われてしまった真桜は、夜白の暴君返上のためにがんばることに―。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陸抗 さん

    設定は面白かったけど、どこか消化不良。帝よりも側近の2人のほうが、キャラが立ってたせいかな。異世界を簡単に行来できたら、色々便利だろうな。

  • 紅羽 さん

    異世界召喚和風ファンタジー。設定を飲み込むのに多少時間はかかりましたが、すぐに引き込まれました。イラストも雰囲気があって素敵です。夜白の「そなたは笑顔も邪悪なのだな」という口説き文句?…が妙にツボでした(笑)

  • のんたん さん

    タイトルからは好みの範疇を超えているかと思ったけど、皆さんのレビューを見て読んでみた。大正解(^^)設定はこまかいけど、要するに、現代日本を垣間見た帝が作り出した日本もどきの異世界トリップストーリー。色々あって暗黒な言葉遣いになっちゃったけど、根底にはヒロインへの一途な慕情がある異世界の帝がかわいい。その言葉遣いを普通に変換しようとするヒロインの脳内変換も楽しめた。続きあるよね〜(*^^*)

  • みかこ さん

    サブタイトルに不安を感じたもののジャケ買い。予想より断然面白かった!中二病的言葉選びをする夜白と、その翻訳を頑張る真桜のシーンがほのぼの可愛くて良かったなぁ。ストーリーも二転三転する展開があって飽きずに楽しめたし、これはぜひ続きを出してほしい。

  • TAMA さん

    面白かった。誰を信用してよくて誰がウソをついているのか。真実が厳しいことも嘘が優しいこともあるかなって。しかし設定ややこしい、どうしてそうなったの訳がなんか無理やり感半端ない

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

めぐみ和季

ライトノベル作家。大阪府出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品