少女海賊ユーリ 天使のいのり フォア文庫

みおちづる

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494027736
ISBN 10 : 4494027731
フォーマット
出版社
発行年月
2004年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,155p

内容詳細

ベルゼ島でガラス職人の弟子になったセディ。しかし、その平和な日々は、黒マントの野望に砕かれようとしていた。危機を知り、駆けつけたユーリが見たものは…。シリーズ第4弾。

【著者紹介】
みおちづる : 1968年、埼玉県に生まれる。『ナシスの塔の物語』(ポプラ社)でデビューし、児童文芸新人賞、椋鳩十児童文学賞受賞。「にじゅうまる」「季節風」「天気輪」同人

永盛綾子 : 1977年、東京都に生まれる。筑波大学芸術専門学郡を卒業。ウェブサイトのデザインなどを手がけており、さし絵の仕事は『少女海賊ユーリ』シリーズがはじめて(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミロリ さん

    ガラス細工が素敵で 光の魔術師のゲルトさんのガラスカットはぜひ見てみたい。セディのつくったユーリ像にゲルトさんの光の天使。一生にひとつの傑作と本人が言うくらいだから本当に素晴らしものなんだろう。 今回は前作で改心したタットン将軍は役職を奪われたようで 黒マントが将軍に。彼はリーダーには向いていないらしく 攻めも防御も弱い甘々な軍部隊が誕生。そのあたりでは見ごたえがなかったのでタットン将軍の復活を祈る。 レニーはノエルにぞっこん。しかしセディが加わり一時三角関係が発生。レニーのあたふたする様子が面白かった。

  • 黒江きよ さん

    なぜかこの巻だけ手元に。なんとなく特撮チックな筋書きと、敵役のヘヴィな事情。子どもたちに独占させておくには勿体無い。永森綾子さんの挿絵がまたいいんだこのシリーズ。

  • 加野桃花 さん

    この話が一番好きだったなぁ

  • かりんとー さん

    ユーリかっこいい。

  • yhossy さん

    小6。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

みおちづる

埼玉県生まれ。『ナシスの塔の物語』(ポプラ社)で椋鳩十児童文学賞、児童文芸新人賞受賞。日本児童文学者協会会員

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品