Rainbow にじ

まど・みちお

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163822006
ISBN 10 : 4163822003
フォーマット
出版社
発行年月
2013年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
41p;22

内容詳細

皇后美智子さまが選び英訳したまど・みちおさんの奥深い思索。

目次 : にじ/ ことり/ さくらのはなびら/ あめ/ はっぱとりんかく/ うたをうたうとき/ エノコログサ/ 橋/ リンゴ/ き〔ほか〕

【著者紹介】
まどみちお : 1909年(明治42)山口県生まれ。戦前から詩作をはじめ北原白秋に認められる。戦後、児童書の編集者をつとめた後、創作に専念。1968年(昭和43)の野間児童文芸賞をはじめ、サンケイ児童出版文化賞、国際アンデルセン賞作家賞などを次々に受賞した。2003年(平成15)には、長年の詩と童謡創作の業績により日本芸術院賞を受賞

美智子 : 皇后。1934年(昭和9)生まれ。1959年(昭和34)、皇太子・明仁親王(当時)とご成婚。その後、皇太子妃として、また今上天皇即位にともない皇后となられてからも、常に伝統を守りながら、国民とともにある新しい皇室のあり方の実現に努められている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    まどさんの詩を、ご自身で選ばれ英訳された皇后美智子様の3冊目の本でした。 あと1冊未読。 今回の本の詩は、今までとは違い、短い詩ではなく、慣れ親しんだ詩のサイズ? それだけに英訳されるのは難しかっただろうと思われます。 つくづく日本語の言葉の奥深さを感じ、誇りに思えました。 安野さんのイラストも、すっきりシンプル。 最後に島さんの書かれた、まどさんのおいたちを読んで、改めて詩を読みなおすと、ジ〜ンと涙ぐんできました。 どこかでお会いしたかったです。 あまり作家さんとお会いしたいと思った事はなかったのに。

  • 新地学@児童書病発動中 さん

    まどさんの詩が素晴らしいのは言うまでもない。今回再読して改めて思ったの皇后さまの英訳の素晴らしさ。まどさんの気持ちを深いところまで汲みとって、詩を訳されている。この気持の細やかさが、震災の被災者などを慰められるときにも発揮されるのだろう。

  • はる さん

    美智子様が翻訳されたと知った時からずっと気になっていた一冊。日本人の繊細な表現力を上手く英訳されてると思ったのと同時に左側には日本文が載ってる事から初心者にも分かりやすかったです。

  • けんとまん1007 さん

    いいなあ〜という表現がピッタリだ。素晴らしいとかではなくて、平仮名で”いいなあ〜”。難しい言葉はなく、最小限の表現でいて、それでも広がりと深みがあるのは、まどさんの視点からくるものだ。井上ひさしさんの名言にも通じるものがある”わかりやすく”ということ。そして、皇后さまの訳もいいなあ〜、読み方はいろいろで、片方を先に読んだり、並行して読んだり、いろんな味わいがある。同時刊行された”消しゴム”を先に読んでいたので、そのことも、思い出した。

  • ヒデミン@もも さん

    まどみちおさんの詩は優しい。そして皇后美智子さまの英訳も。 気付かなかったけれど、しゃれた装丁とイラストは安野光雄さん。 心が疲れているときに、するりと心に沁みてくる、そんな優しい詩集。 An Appleがよかったな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品